うんこなまずの巣

unkonamazu.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 02日

『karaoke』雑記 #Qbic

今日は通し稽古なのですが、集合時間前に選曲作業をドトールにて行っておりまして、よい選曲ができたのでこの記事を書いています。

『karaoke』という作品を今回、うんなまは新作短編(ワハハ)としてやるのですが、12回の稽古中8回が終わった段階で、なるほど、こういう作品になったか、と思っております。

それはまあ、いわゆるワハハ期からウムム期となり、そのうちウホホ期に突入するだろうというアレなのですが、しかしまあ、空っぽな作品、矛盾に満ち溢れた作品を書こう、作ろうと思ったらまさしくそんな作品になってしまいました。

しかしながら、それを具体的な出し物として結びつける、縫いつけるのが演出であり、それをDOしてもらうのが役者さんたち(と、スタッフさんたち)なのですが、なんとかなりそうだ!のでこの記事を書いています。

広く、空っぽな中で、それでも、と(決してエモーショナルとか頑なに、ではなく)存在することに意義を見出せるような作品になりそうです。虚空な中に存在する我々は決して空虚ではないのだ、と感じられるような作品、しかしながら楽しい、楽しめる作品、になりそうです。

『karaoke』は紛れもなくうんなま最新作であり、最新作にふさわしい作品です。ぜひぜひ、お越しくださいませ。

by unkonamazu | 2016-07-02 14:30


<< #Qbic の魅力等々について...      うんなま夏の短編『karaok... >>