うんこなまずの巣

unkonamazu.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 01日

TENGA茶屋



c0227806_734610.jpg




阪急京都線淡路駅のホーム。
乗り換えを待つ人々。
サラリーマン、学生、老夫婦。
ふいに、次に停車する電車のアナウンスが聞こえる。




「急行TENGA茶屋行き」





こう表記すると、今まで目には映らなかったアダルティックな世界が一気に開けていく気がしますね
セルフで一戦交わえ終わった後に茶菓子がでるのでしょうか
飛〇新地か!



朝から元気です、ぶっさんです。
今回の公演でも、制作を担当させてもらっています。



昨日の昼間、ツイッターにおける僕のタイムラインがTENGAで溢れた時、僕は
「ああ、世も末、世界の終わりだな…」と感じました




あ、間違えました
SEKAI NO OWARIですね
すいません



ともかく表記を替えると新たな発見があります。
新宿→新熟だと新手の熟女っぽいですよね
1987年生まれの女優が熟女カテゴリに分類されているという話を、未だに僕は信じられません
た・か・だ・の・ば・ば・あ!




ところで、言語学的な立場から言うと、文字表記が人に与える影響は、実は考えている以上に大きいようです
例え同じ内容でも、表記一つで世界の切り取り方・認識の仕方が完全に変わっちゃうわけですね
だから、「世界の入口」であるタイトルの選定は重要な要素なのです。



c0227806_721252.jpg





今回のうんこなまず・三本のうん公演の表記は、「いぬのさんぽ」です。
「犬の散歩」、ではなく。





あなたはどんな印象を受けましたか。
「世界の入り口」はどんな形をしていますか。
どのような世界の広がりを、この6文字の表記に感じ取りましたか。
その答えがあっているかどうか、是非劇場に確かめに来て頂ければ幸いです。

表記のようなポップさを感じる場面もあれば、良い意味で想像を裏切られる場面もあります。
役者も少めだし、「さだだだ。」とはまた違って、おもしろい芝居になりますよ、きっと。




そして!

本日12月1日10:00より、チケット予約開始します。

namazuyoyaku@gmail.com

まで、お気軽にご予約ください!




朝っぱらからブログをしたためたのはこのためです。
皆様のご来場、お待ちしています。
あ、それと、別に僕言語学とか一切やってないのであしからず。



それでは失礼しました!




次回、「ドラえもん・織田信長のTENGA統一」

by unkonamazu | 2011-12-01 07:08 | 日々 | Comments(0)


<< シリーズ「いろんなうんこ役者たち」      そーれもういっかい!もういっかい! >>