2016年 06月 11日

『karaoke』稽古しています

c0227806_06222346.jpg


ども、、ジュディ・ホップスです、、って、こんなにキツネと仲の良い警察官他にいますかって話。はは。小さいウサギ野郎?それ、褒め言葉ね。

c0227806_06222361.jpg

c0227806_06222385.jpg



というわけで、冷凍うさぎ『ペチカとエトランジェ』無事終了致しました。僕はバカチン様という老人(この説明だけだと異様に湧き出るデンジャラスじ〜さん感)役で、舞台上ほぼ出ずっぱかつ一言も喋らない、もはや舞台美術感溢るる役回りでした。舞台上での睡眠等々含め、稀な経験を満喫できたのではと思っています。ありがたいことでした。

c0227806_06222313.jpg


で、久々のうんなま稽古もスタートしております。沢山のゲスト交え、短編とはいいつつもなんというかうんなま的「過剰な無」を目一杯楽しみたいものだと思っています。うんなまは面白い。

◎2016年7月17日~18日
Qbic!!社会人劇団短編上演フェスティバル参加作品
『karaoke』
出演:司城大輔、雀野ちゅん、繁澤邦明(以上、劇団うんこなまず)、森岡拓磨、奈津川栞奈(以上、劇団冷凍うさぎ)、下野佑樹、水野聡美、まつなが
@in→dependent theatre 1st
概要http://actfesqbic.web.fc2.com/
予約https://www.quartet-online.net/ticket/qbic


例のごとく、稽古見学ウェルカムでございます。これからは土曜夜、日曜朝昼を基本としております。興味のある方は、劇団メールもしくは関係者にお問い合わせくださいませ。

気がつけば今年も内外問わず作品を作る機会に恵まれているので、kansyaとenjoyをしていきたいものです。今日は稽古まで、『karaoke』の模索をしたいと思います。生の実感と、死の予感?

最近、チャック・パラニュークを読み漁り始めました。トラストミー。

c0227806_06222462.jpg





# by unkonamazu | 2016-06-11 05:56 | Comments(0)
2016年 05月 07日

戦わなければ生き残れない!

こんにちは、司城です。

amazonプライムの特典、プライムビデオを利用して「仮面ライダー龍騎」を一気見したので紹介します。




ライダー同士の戦いを前面に押し出したことで有名な作品です。

鏡の中にもう一つの世界があり、そこからモンスターが飛び出て人間を襲ってくるのですが、主人公の龍騎たちは、このモンスターたちを退治しながら、他のライダーと戦い、勝ち残らなければいけません。

ライダー同士が何故戦わねばならないのか。
初代仮面ライダー藤岡弘は、この設定に疑問を抱いていたそうです。

以下、ライダーたちの紹介です。



主人公『仮面ライダー 龍騎』

c0227806_01484607.jpg


龍のライダー。その属性は炎。
相撲を馬鹿にすると怒る。






ライバル?仲間?敵?『仮面ライダー ナイト』

c0227806_01484727.jpg


コウモリのライダー。
職業不明。なのにバイクに乗っている。
よく不良に絡まれる。鋭い眼光。
現代のシド・ヴィシャス。


永遠の命を求めて参加『仮面ライダー ゾルダ』

c0227806_01484886.jpg


牛のライダー。
エリート弁護士。
頭がいいから、銃で頭を狙う。



ゾルダの相棒『ゴローちゃん』

c0227806_01484962.jpg


秘書。腕っぷしに自信。
両手浣腸でゾルダの尻を狙っている。


謎の男『仮面ライダー 王蛇』

c0227806_01485091.jpg


美川憲一です。



金持ち『仮面ライダー ガイ』

c0227806_01485184.jpg


サイのライダー。
オープンカーに乗っていることを除けば頭がいい。



かに道楽『仮面ライダー シザース』

c0227806_12165022.jpg


蟹のライダー。
建機に持ち上げてもらい、体当たりする。


占い師『仮面ライダー ライア』

c0227806_12165172.jpg


細木数子です。


かわいい『仮面ライダー タイガ』

c0227806_12165112.jpg


虎のライダー。
つがいの虎と一緒に狩りをする様子が微笑ましい。

ぴょんぴょん飛び回る『仮面ライダー インペラー』

c0227806_12165287.jpg


小島よしおです。





ライダーたちの戦いをぜひプライムビデオで!





# by unkonamazu | 2016-05-07 00:38 | Comments(0)
2016年 05月 06日

【繁澤邦明客演】劇団冷凍うさぎ第九回公演『ペチカとエトランジェ』

應典院舞台芸術祭space×drama2016
むりやり堺筋線演劇祭 参加作品

劇団冷凍うさぎ第九回公演
「ペチカとエトランジェ」

○公演日程
2016年
5月27日(金)19:30★
5月28日(土)15:30/19:30★
5月29日(日)15:30★
5月30日(月)15:30★

※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前
★各日程イベントあり(順次HPにて公表します)

○場所
シアトリカル應典院
〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1丁目1-27
・最寄駅
地下鉄堺筋線「日本橋駅」/近鉄線「日本橋駅」8番出口より東へ徒歩約7分
地下鉄谷町線「谷町九丁目駅」/近鉄線「近鉄上本町駅」3番出口より西へ徒歩約8分

○出演者
浦長瀬舞
鈴木幸重
電電虫子
奈津川栞奈
練間沙
森岡拓磨
(以上劇団冷凍うさぎ)

國枝千尋(劇団六風館)
清水咲歩(東洋企画/演劇集団関奈月)
田村将規(はちの巣座)
永井未友希(舞台工房SOLA-Tobu.)
西田悠哉(劇団不労社)
繁澤邦明(劇団うんこなまず)
まつなが
円井ぼをろ(はちの巣座)
三村るな

○スタッフ
【作・演出】森岡拓磨
【舞台監督】関川佑一(S-pace)
【舞台美術】竹腰かなこ
【照明】吉田一弥(GEKKEN staffroom)
【音響】浅葉修(Chicks)
【衣装】山口夏希
【宣伝美術】電電虫子
【制作】若旦那家康(コトリ会議/ROPEMAN(38))
【写真撮影】松田ミネタカ
【企画制作】劇団冷凍うさぎ

○料金
前売:2000円
当日:2500円
高校生以下:無料(※ご予約必須)
  他、割引あり

○劇団HP
  http://reitou-usagi.tumblr.com/

c0227806_1613440.jpg

c0227806_1613273.jpg


# by unkonamazu | 2016-05-06 16:17 | 公演 | Comments(0)
2016年 05月 06日

【雀野ちゅん客演】劇団21世紀枠第十回公演 「リングワンダリング」

劇団21世紀枠第十回公演
「リングワンダリング」
作 椋原メトロ 演出 藤谷宗弘

"七人ミサキ"をモチーフにした
3つの短編作品から
1公演につき2本を上演!
気軽でヘビーな彷徨変異譚、乞うご期待!

[会場]ギャラリー北野坂
[日程]5/31(火)-6/5(日)(木曜休演)
詳細
「人間三原則」:人 
「オルビス!オルビス!」:輪 
「死にたい彼女と優しい僕」:僕

5/31(火)19:00~ 人・輪
6/1(水)19:00~ 人・僕
6/2(木)休演
6/3(金)19:00~人・輪
6/4(土)13:00~ 輪・僕 / 15:30~輪・僕
6/5(日)13:00~ 人・僕

[上演時間]60分
[料金]
予約 前売り券(公式HP) 1200円
   当日精算券(CoRich) 1300円
当日券  1500円

[あらすじ]
困ったな、道に迷った。まっすぐ歩いてきたはずなのに――

「七人ミサキ」をモチーフにした三つの短編。

僕ら三人、ロボット含む――「人間三原則」
先生あのね、音がきこえる――「オルビス!オルビス!」
カウンセリング⇔ワンダリング――「死にたい彼女と優しい僕」

[キャスト] 
星井梓 藤谷宗弘 今田翔大(劇団二足歩行) 石川うた 雀野ちゅん(劇団うんこなまず) 各務青湖(はちの巣座)

[スタッフ]
舞台美術 女鹿沢/舞台効果 阪本美乃莉/音響 芽利野大輔/制作・受付 坂下加穂里/宣伝美術 佐藤千佳

[お問い合わせ先]
HP:http://muzina.saleshop.jp/
Twitter:frame21c
Mail:frame21c@gmail.com

c0227806_160180.jpg


# by unkonamazu | 2016-05-06 16:01 | 公演 | Comments(0)
2016年 05月 02日

知人の愛

 とにもかくにも、世間はいよいよとゴールデンウィーク真っ盛りですがここで浮足だってはいけません。ゴールデンウィーク終了後のことも考えながら、日々を過ごしていきたいものです。本当かな。

 というわけで、先日はうんなまメンバーであるところのトーマス卿の結婚式でした。わたしたちは、「新郎知人」というジャンル枠での参加でした。「友人」でも「先輩」でもなく、「知人」であること。そういったこととご馳走を深く噛みしめながら(うまい!)、私たちは結婚式、披露宴、二次会、その後、、、そういった諸々を、満喫していたのです。

c0227806_13265931.jpg


 とかく、こういったところには陰湿な我々(わたし?)なので、「いやはや、こんな美味しいものを知人の我々に食べさせてもらえるなんてほんと、これから新郎さんには足を向けて寝れないね!ガハハ!」ですとか、「フォアグラは美味しいねえ!ところでこの果物はなんだい!もっと出てこないのかい!しかしまあ、知人でほんとよかったねえ!ワハハ!」ですとか、そういった変なおばはん(失礼)みたいなテンションで過ごしていたのですが、なんにせよ、おめでたい席でした。私なんてテーブルスピーチまでさせてもらいました。ムホホ!

 とまあ、結婚ですとか、また別の方は出産ですとか、そういったライフイベントの節目を間近で見る機会も増えてきました。こういったイベントごと、それもなんだかんだで「演劇」を通して出会った、継続して付き合いのある、そんな人々のイベントに、そのつながりを通して触れることができるのは素直に嬉しいことだなと、しみじみと思っています。人生とはつくづく縁だなあと。舞台の上でも外でも、物語は続くのだなあと。ちょっとクサいか。なんだい!アタシゃ屁なんかこいてないよ(ブリリ)!?

 とまあ、知ったようなことを言いつつも「めでたい」という4文字で終わらせることのできるこの記事なのですが、そもそも知り合ったのも3年とちょっと前ぐらいで、演劇と言ってしまうとそうなのですが、そもそもうんなまを継続していなければ知り合うこともなかったであろう、そしてうんなまメンバーになることもなかったであろう、というか彼が入っていなければうんなまも続いていなかったであろうトーマス卿の結婚式は、シンプルにこれまでに対して「ああ、よかったなあ」と思わせてくれた機会、なのでした。

 とかく、おめでたかったのです。言われずともでしょうが、お二人にはこれからも末永くお幸せにあってほしいなあと、ただただ思うばかりな数日後の昼下がり、なのでした(今日のわんこ風に)。

# by unkonamazu | 2016-05-02 13:55 | Comments(0)