うんこなまずの巣

unkonamazu.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 15日

#Qbic の魅力等々について書いてみました②

と、いうわけで、引き続き書いていこうと思います。

【各団体として】
「どの口が」もとい「どの手が」というところはさておき、いずれの団体も観たことのある身として、書いておこう、書かねばならないだろう、と思いまして、書く次第であります。もちろん、公演を観た時期だったり、先日の通し稽古も覗いたり覗かなかったりなのですが、好き放題言ってみようと思います。

いずれの団体も持ちうるポイントとしては、やはり「ガラパゴス進化」的な面が大きいのではないかと思います。それはつまり、あまり現在の演劇の本流とかなんたらかんたらに必ずしも乗っかってない、興味がない、あるいは~みたいな各々の理由や視点があるにせよ、けっこう独自的なんだと思います。若者的、ともまた違うのだと思います。どこか懐かしかったり、あるいは新しい感じだったり、とはいいつつ古臭かったりなど、意図的にせよ意図的でないにせよ、各団体が演劇に対しての一定のスタンス/視点を持って、作品を作っているのだと思います。それゆえに「それぞれの個性を楽しめる」ショーケースになっているのではないかなと。

あと、これは「インターネット」というよりそれ以前に「テレビゲームorテレビアニメ」の影響が大きいのではないかと思いますが、どの団体も何かしらの「潔癖性(良くも悪くも)」を持って演劇をされているのではないかなと、思ったりもしています。

〇有馬九丁目ANNEX
主宰のザキ有馬?岡崎マサフミ氏はぶれないなあと、先日の通し稽古の際に思いました。たぶん、今回の団体で一番「自負心」が強いのではないかと思います。それは、関西学生演劇界で一時代を築き、かつ現在進行形で活動していることのプライドなのでしょう。私は、それまでも含めて、そういうのは素直に「すごい」と思います。「劇団有馬九丁目」の頃は瑞々しさというか、清潔感とエンタメ、実験性が同居したスタイルだったと記憶していますが、「有馬九丁目ANNEX」ではよりダークなゲーム性が増したのではないかなと感じていました。が、先日の通しをチラッと拝見したら今回の作品は骨太愚直エンタメの予感がしました。ご自身が所属している団体でやった作品、というのもあるのでしょうが、私自身やりたいなあと思いつつそういう骨太エンタメを作る気にならない(あるいは作れない)のですが、こういう短編イベントにストレートプレイを持ってくること自体、やはり「自負心」の表れなのだろうなと素直に思い、楽しみにしています。

〇箱庭計画
主宰の栃木ゆーじ氏の脚本への信頼がとかく強い団体なのだなと、以前の公演を拝見した時に思いました。で、栃木ゆーじ君の作品は「ゲーム性」が強いなと、しみじみ思いました。ここでの「ゲーム性」とは、すなわち「ロールプレイングゲーム」とほぼ同意です。で、それすなわち「箱庭」なのかと感じたりしてました。舞台作品というよりかは、ゲーム的世界観の具現化なのかなという面もありつつ、しかしながら「エンタメ作品」とは違う空気感、こじんまり感があるよなあ、と。そういう意味でもやはり「箱庭」なのです。あたたかさというか、やさしさ、というか。その「箱庭」感を味わうのが箱庭計画の作品の楽しみ方なのかなと思います。つまるところ、栃木ゆーじ氏と面会するというか、彼の世界感と「対面」するのが、「箱庭計画」なのでしょう。あと、「(のれん)ことね」というプリプリとした看板女優がいるのは、やはり強いよなあと思います。

〇Contondo
今回のKING OF 潔癖。その候補の一人が、紺野ぶどう氏なのかなと思います。彼の演出を受けたり、作品を観たり観られたり、自作を演出してもらったりとすっかり縁の深い彼なのですが、紺野ぶどう氏の演劇に対する徹底したスタンス、そのゴム手袋をはめて触れるような作品との関わり方は時には合理的で、時には言うてそうでもない、というところが、これまたContondoの面白いところなのだろうなあと思ったりしています(言葉の使い方にだいぶ語弊があるやもしれませんが)。そう、潔癖でありながらも潔癖でないというか、「ああ、結局のところ演劇が素直に大好きなんだろうなこの人」と思わせる節々を、たぶんこれまた意識的にも無意識的にも匂わせるのが、紺野ぶどうの人間性であり、その行動力の源であり、演出スタンスなのだろうな、と。で、今回は土江優理さんの一人芝居ですが、Contondoを構成する人々は基本的に「演劇が純粋に大好き」な人々なので、その「言うてもなまっすぐさ」は今回の作品にも随所に現れるのではないかなと、感じております。

つづきます。

*****

2016年7月17日~18日
Qbic!!社会人劇団短編上演フェスティバル参加作品『karaoke』
出演:司城大輔、雀野ちゅん、繁澤邦明(以上、劇団うんこなまず)、森岡拓磨、奈津川栞奈(以上、劇団冷凍うさぎ)、下野佑樹、水野聡美、まつなが
@in→dependent theatre 1st
概要http://actfesqbic.web.fc2.com/
予約https://www.quartet-online.net/ticket/qbic

# by unkonamazu | 2016-07-15 12:58 | Comments(0)
2016年 07月 15日

#Qbic の魅力等々について書いてみました①

いよいよ本日より、『Qbic!!社会人劇団短編上演フェスティバル』、小屋入りとなります。

6団体が3つずつ、2ブロックにて公演を行うイベントではあるのですが、まだまだお席に余裕もありますということで、改めてこのイベントについて超雑文を書いてみようと思います。うんなまについてももちろんですが。Done is better than perfect.

【全体感として】
「社会人劇団」というワーディングの色々な語弊というか含意というかはさておき、つまるところ「学生劇団OB団体」が6団体集まって公演を打つ、ということは、もしかしたら(演者側も含め)思っているよりもすごいことなのかもしれないな、とふと思いました。ので、この記事を書いています。

そりゃもちろん、ただ内輪で集まって公演を打つだけ、という言葉で一蹴されるやもしれないし、これは個人的にも反省なのですが、このイベントがあくまでもフェスティバルなのだと言い張るのであれば、そうであるがゆえの(フェスティバルとしての)アピール、魅力、宣伝等は弱いのかなとも思います。

が、です。「学生劇団」という楽しさのみを満喫できる期間(あるいは、「楽しい」という視点のみでやっていける期間)を卒業してもなお、「演劇」と触れていたいと「純粋に」思っているであろう団体が近しい世代に6団体もいる、しかもこの大阪近辺に、というのは、よくよく考えたらすごいことなのかなと、シンプルに思うのです(いやそもそんな団体いらんがな、という声も聞こえそうですが)。

そりゃ、そりゃですよ。別に「演劇をやる」なんて別に誰からも褒められる行為でもないし、永遠に需要と供給のアンバランスが生じる世界ではあるし、そもこの6団体が若手(責任感、プロ意識、力量や評判の担保の欠如、の言い換えにも近しいでしょう)とはいえ、じゃあこれから関西、大阪の小劇場界(そもそもそれ自体何だというところもありますが)をしょって立つ、盛り上げていく、単純に今後レベルアップしていくような気概があるかと言うと「?」だし(ごめんなさい)、そも若手という言葉で本当に許されるレベルのアウトプットなのかということもあるし、ただでさえ若手なんて自分たちの公演にしか興味のない傾向があるだろう中でこの6団体自体もお互いをどんだけ知っている、知ろうとしている、ということもあるのです。が、単純に、「学生劇団OB(≒それかんOB)」が集まって、この海図なき航海の世界で公演を打つ、ということは意義があるのではないかと思います。意義は金や飯になるのか、はさておき。

そう、「それかんOB」なのです。「それかん」とは、「それいけ観劇大作戦(だったっけ?)」の略で、確か関西大学の学園座さんが主体となって行っている阪神間の学生劇団の集う飲み会、です。今もあります、よね?

思えば、私こと繁澤が司城くんと出会ったのも、1回生の秋に初めて参加した「それかん(8年前…)」でした。私が雀野ちゅんと出会ったのも、「それかん」をもとにした(と言っていいのかな)ちゃうか時代の同期のプロデュース公演(2年前!)でした。今回のQbic!!参加者についても、学生時代からそれかんを通じて出会っていた人がチラホラいます。私は熱心な「それかん」ユーザーでは決してなかったですが、昔も今も、その恩恵を受けているのだなとしみじみ感じます。

で、結局は「演劇、ひいては表現は誰の(ための)ものなのか」という私自身の一つのテーマにも繋がるのですが、「それかん」に参加していた頃にあった、「演劇を心から楽しむ」あるいは「演劇を通じて自らの人生をより豊かにする」ようなマインド、そりゃ結局単純にお気軽に「演劇(あるいは舞台上でドタバタすること)が好き」だという純粋な気持ちや、もっとクサく言えば「演劇」という望遠鏡を通じて見る手軽な「夢」を、もう一度確かめさせてくれるのがもしかしたらこの「Qbic!!」なのかもしれないなと、ふと思ったのです。そういった意味では私はたぶん「やり手側」に甘すぎるのでしょうが。お客さんの求めるものとか、その世界が求めるものとか、をガン無視し過ぎているのかもしれませんが。そもそも単純に色々視野が狭い、独善的なのでしょうが。大人じゃない…うーん。

しかしながら!演劇が文化としてあり続けるためにはそーゆー意味で「気軽」であることも一つの要素だと、今更ながらに我ながら、思うのです。勘違いかもしれませんが、もちろんこの企画が十分に「気軽」なのかということもあるのですが、大事にしたいのです。演劇は、なんというか、業界人や専門家だけのものではなく、一般的な遊び道具であってよいとも思うのです(とは言いつつの部分も多分にありますが。かつ、平等に批評にさらされるべきですが。もはやその結果だ、と言えばそこまでですが)。

と、いうように。ヒジョーに乱文ですが、結局なんやねん、というところもあるのですが、そのある種の「演劇への気軽な好意」を魅力の一つに、Qbic!!というイベントはあるのやもしれないなと、思うのです。ストリートバスケットのような、裸足でサッカーをする現地の少年のような…おっさん何歳やねんってのはありますが…つーかそれで金とるなって話か…大人子ども…結局自戒のような文章になってしまった…アアコリャコリャ…でも、こういうイベントもあってもいいんじゃないですか、ね。何にせよ、「演劇(が多様であること)を楽しむ」気持ちをもって、ご来場いただければ幸いなのです(というか、自分がこういうスタンスであることを改めて、あらためて)。そして、率直な感想を表明してもらえれば、とも思うのです。

そしてもちろんうんなまも、いろんな意味での気概を持って、今回臨んでいます。演劇を拡張できるのではないかと。

【各団体として】
上述のことは結局「やってて楽しい私たちを観にきてくだちい!」的な幼稚さでひっくるめられてしまいそうなのですが、各団体の魅力について、どの口がという声も聞こえそうですが、後程書こうと思います。

*****

2016年7月17日~18日
Qbic!!社会人劇団短編上演フェスティバル参加作品『karaoke』
出演:司城大輔、雀野ちゅん、繁澤邦明(以上、劇団うんこなまず)、森岡拓磨、奈津川栞奈(以上、劇団冷凍うさぎ)、下野佑樹、水野聡美、まつなが

@in→dependent theatre 1st
概要http://actfesqbic.web.fc2.com/
予約https://www.quartet-online.net/ticket/qbic

# by unkonamazu | 2016-07-15 09:11 | Comments(0)
2016年 07月 02日

『karaoke』雑記 #Qbic

今日は通し稽古なのですが、集合時間前に選曲作業をドトールにて行っておりまして、よい選曲ができたのでこの記事を書いています。

『karaoke』という作品を今回、うんなまは新作短編(ワハハ)としてやるのですが、12回の稽古中8回が終わった段階で、なるほど、こういう作品になったか、と思っております。

それはまあ、いわゆるワハハ期からウムム期となり、そのうちウホホ期に突入するだろうというアレなのですが、しかしまあ、空っぽな作品、矛盾に満ち溢れた作品を書こう、作ろうと思ったらまさしくそんな作品になってしまいました。

しかしながら、それを具体的な出し物として結びつける、縫いつけるのが演出であり、それをDOしてもらうのが役者さんたち(と、スタッフさんたち)なのですが、なんとかなりそうだ!のでこの記事を書いています。

広く、空っぽな中で、それでも、と(決してエモーショナルとか頑なに、ではなく)存在することに意義を見出せるような作品になりそうです。虚空な中に存在する我々は決して空虚ではないのだ、と感じられるような作品、しかしながら楽しい、楽しめる作品、になりそうです。

『karaoke』は紛れもなくうんなま最新作であり、最新作にふさわしい作品です。ぜひぜひ、お越しくださいませ。

# by unkonamazu | 2016-07-02 14:30 | Comments(0)
2016年 06月 13日

うんなま夏の短編『karaoke』体験版として

先ほどの投稿にもあったように、うんなま夏の短編『karaoke』は既に稽古も残すところ2/3となっています。ここで、そもそもの公演情報をチェックしてみましょう。

2016年7月17日~18日
Qbic!!社会人劇団短編上演フェスティバル参加作品『karaoke』
出演:司城大輔、雀野ちゅん、繁澤邦明(以上、劇団うんこなまず)、森岡拓磨、奈津川栞奈(以上、劇団冷凍うさぎ)、下野佑樹、水野聡美、まつなが
@in→dependent theatre 1st
概要http://actfesqbic.web.fc2.com/
予約https://www.quartet-online.net/ticket/qbic


このように、あと1ヶ月ほどで本番です。ここで、ちょっくら最新の稽古動画(4回目。代役やら笑い声やらグダグダやらあり)の一部を、このブログにての公開、としてみたいと思います。該当部分の台本も以下に記します。馬鹿馬鹿しさと愛おしさのひとかけらを、宜しければどうぞ、お楽しみください。そして、劇場でお会いしましょう!



*****

女2 そしたら私、夕刊であなたの記事を探すわ。見つけたら、みんなにこう言うの。あの人、とっても、カッコよかった。って。
男1 ありがとう。ありがとう。その言葉に、なんだか救われたような気がします。こんなに嬉しいことって、あるんだね。
女2 あはは。
男1 あはは。
男1と女2 あはははは。
女1 むむむ。
女2 せーのっ。

全員 王様だーれだ!

男3 いいね。すごくいいよ。
女2 そう?
男3 うん。すごくいい。なんか、とにかくハッピーだし、すごく最高な夜なんだな今って、すごく思ってる。こう見えて、頭の中はダンスホールになってるし、僕のお尻の辺りでは、見えない尻尾がブルンブルン震えてるんだ。って、生えてない生えてな~い!!
男4 あ、じゃあ、音楽でもかけますか?

   男4がウンバボ!とかなんとかきっかけを出して、音楽が流れだす。
   音響、たぶんGreen Day 『Macy’s Day Parade』です。

女2 へえ、気が利くじゃん。ゴリラの癖に。
男4 気が利く振りをするように振る舞っていたら、だんだんと本当に気が利くようになってきたんです。ちるちるみちる。城みちる。より道それ道まわり道。みっちゃんみちみちうんちして。紙が無いから手で拭いて。もったいないから舐めてみた。

男2 めっちゃ、チルってますね。
女3 チルってなに?
男2 チル、アウト。つまり、めっちゃ落ち着くってことですよ。
女3 ふーん。
男2 めっちゃ、チルってますね。
女3 ねえ。
男2 なんです?
女3 あたしを、チルッてみてよ。
男2 めっちゃ、バイブスアガっちゃいますね。って、これは既に思い出の中、なんですかね?
女3 さあね。

男4 僕は賢い生き物だから、どんどん賢くなっていくんです。実はここだけの話なんですけど。
女2 あ、カミングアウトだ。言っちゃえ言っちゃえ~。
男4 僕は、気が利く惑星の第三皇子で、今日は夫人候補を探しに来たんです。その気になれば、家までまっすぐ帰るんじゃなくて、寄り道で月にも火星にも行ける、そんな生き物なんです。僕がもし神様だったら、こんな世界は作りませんね。うん。
男3 へー、なんだか、ウソみたいな話だけど、ウソじゃないんだろうなあ。なら仕方がないなあ。

女2 あ、作家さーん。これはつまり、物語が、物語であることに対して、自己言及をするという、まことに貴重な一瞬なので、みなさん、括目してください。

女2 せーのっ。

全員 王様だーれだ!

   音響、カットで消える。
   ドダダっ、とした、エンタメ的な空気の畝りが一瞬。

女1 え、ちょっと待って。どうしたの?
男1 何?そんな急には止まれないよ、あいにく。僕はある時は聖人だけど、またある時は殺人マシーンなんだよね。ウオォオン。
男2 お願いです。命だけは、助けてください。
男1 最後に残す言葉はあるかよ。
男2 ホ、ホットドッグ、エクスプレス…。
男1 ハア!

男1の掌から出た気功波が、男2を一閃に貫く。人の想いが、確かな「チカラ」となる一瞬。

男2 グゥアーーー!!あ、はい。すいません。
男1 ハア、ハア…気がすんだかよ…。
女3 ひどい!何も殴ることなんてないじゃん。
男1 うるせえよ。
女3 ほんと、酒乱の人ってサイテーだよね。頭おかしいんじゃない?
男1 なんだと。
男3 いいね!やれやれ!
男4 やめときなさいって。
男1 おい、そこのスケ。もう一回言ってみろよ。
女3 頭だけじゃなくて耳も悪いの?いいわよ、何回だって言っ てあげる。男の人って、ほんとサイテーだよね!
女2 まあまあ。お酒の席ですから。
女3 だからそういう物わかりの良い態度が腹立つって話じゃん。
男2 ブ、ブブカ…。
女2 えっ。ちょっと、大丈夫?
男2 ブブカ…やめとくんだブブカ…ジブさんにだけは、逆らっちゃなんねえ…。
男1 よくわかってんじゃねえか。

   男1、男2に「トドメ」をさすために近づく。

男1 とっさの辞世の句にしちゃあ、大したもんだ。
男2 へへ…すいやせん。…僕がいなくなっても、誰か僕のこと、覚えていてくれますかねえ…?
男1 安心しろよ。お前は俺の最高の「好敵手(ライバル)」だったぜ…?
女3 やめて…。
男2 ブブカ…、あんまりお母さんを、悲しませるなよな…。
女3 やめて!!
男1 ハア!!

男1の掌から出た気功波が、男2を一閃に貫く。人の想いが、確かな「チカラ」となる一瞬。
   照明、メツブシ!
   音響、たぶんTABOO1 Feat.MC漢『ILL BROS』

全員 ウワァー!!!

*****

以上です。

# by unkonamazu | 2016-06-13 23:19 | Comments(0)
2016年 06月 13日

ゆけ!『karaoke』稽古動画字幕探検隊!

『karaoke』稽古も4回目が終わり、1/3が終了となりました。いよいよ作品作りも佳境に入っていく予感がします。

ところでうんなまは毎回稽古ラストに通し動画を撮っているのですが、youtubeに自動字幕機能があることに気づき、試してみたところ結構面白かったので、いくつかキャプチャを貼ってみます。九分九厘台本とは違うのですが、何かしらの雰囲気は凝縮されている気がしないでもないです。とりま、超超超、体験版としてですね。

c0227806_22142696.png

c0227806_22141157.png

c0227806_22141664.png

c0227806_22142160.png

c0227806_2214646.png

c0227806_2214192.png

c0227806_22135398.png

c0227806_22134919.png

c0227806_2213365.png

c0227806_22124886.png

c0227806_22124423.png

c0227806_2212407.png

c0227806_22163874.png

c0227806_22163544.png


# by unkonamazu | 2016-06-13 22:25 | Comments(0)