うんこなまずの巣

unkonamazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 29日

備忘メモと周知事項とメンバー募集

〇「ハードルが低い」とは何か。
 ・「何に対しての」ハードルが低いのか。
 ・ハードルが「何故ゆえに」低いのか。

〇「何を」楽しむのか。
 ・「もともと知っている」楽しみ方で楽しむのか。
 ・「もともと知らなかった」楽しみ方で楽しむのか。

〇「面白み」とは何か。
 ・予想外(ポジティブな意外性)
 ・予想内(ポジティブな予定調和)

**********
c0227806_22145355.jpg
































ざろんさろん、詳細が決まりました。
それ自体を目的として、ゆるく、やりたいなと思います。
**********

<うんなま、メンバー募集します>
〇「いつまで」という〆切を特段設ける気もありません。
 興味のある方は、unkonamazu@gmail.comまで、
 メンバー募集の意思があることがわかるような件名と本文を
 送ってもらえれば、返答します。
〇今年、もしくは今年度、行うであろう公演の、
 もとい、うんなま自体の継続的活動の、メンバー募集です。
 「うんなま」というものに関わってみたい、
 「うんなま」を転がしてみたい、人をお待ちしています。
〇ヒジョーにゆるい募集ですが、それぐらい僕らもゆるく、
 かつノーガードに募集します。何もかもが応相談です。
 ゆるいですが、挑戦です。
〇「うんなま」の活動はレジャー的です。
〇つくるものに関しては、良い意味でシラケています。
〇「うんなま」に会ってみたい、だけでもOKです。ご連絡お待ちしています。
 「うんなま」に関しては、当ブログやTwitter@unkonamazuをご参考。

雑文を以下に書きます。

「うんなま」をやりたい欲が高まっているのを感じながら、
ゆったりと日々を過ごしてしまっていましたが、
まあなんだかんだでやりたいなと思いつつ、
しかしながら実質、二人に近いような集団になってしまったので、
しかもあまりゴツイことしようと思っても結局アレなので、
善は急げで、募集します。
二人に近いような集団、というのは、もちろん人的資源的な意味で
乏しいのもさておき、なんだか刺激がないような気がしないでもないのです。
個人的には、「継続したい(=生き残りたい)」というのが大前提なので、
(それは一応、もう一人とも共有しているはずです)
そのためにも、今、ゆるくですが、募集をします。
「うんなまフレンズ」というよくわからない名称はよくわからないので、
すっぱりと、「メンバー」を募集します。
劇団員と言わないのは気にしないで下さい。何も変わらない?いやいや。

◆「メンバー募集」に際し思うことetc…はとりあえず以下の通りです。
 ・「うんなま」もとい「劇団うんこなまず」という集団で舞台作品を
  作ること、作り続けること、に対し、協力する意思がある。
 ・その意思が、継続的であればなおよい。
  (口に出さないまでも、名乗る際に「劇団うんこなまず」という
   文字がつくことを厭わない、とも言えます。兼ねるのは可です)
 ・継続的でなくても、助っ人的、一度きり、お試し、でもよいです。
  (その際は、名乗る云々はありませんね)
 ・「協力」というのは、出演であれ、スタッフ的諸々であれ、
  事務的な諸々であれ、何でもです。もしかしたら、お金もついてくる、
  かもしれません。ついてこないかもしれません。
  僕が想像もできないことを協力してもらうかもしれません。
 ・腐っても「劇団」であることをふまえ、やもすれば自分で公演自体を
  企画してやろう、劇団というものを暇つぶしに転がしてやろう、
  みたいな動機があると、そりゃもうすごいです。
 ・何かやりたい、この団体でやりたい、というのでもいいし、
  この団体をつかって、でもいいです。
  publicとprivateを混同するつもりもありません。
 ・おそらく、うんなまは「資源」と「刺激」を求めています。
  「手段」として、うんなまに関わるぐらいでOKです。
  おそらく、名前だって変えることができます。
  この劇団のアイデンティティを壊すのは、あなたかもしれません。
  この団体の次の主宰は、あなたかもしれません。。。
 ・ゆるく、でも継続できるための、「システム」をつくりたいのです。
  ゆるい、というのもいろんな意味があるでしょうが。
  もちろん、つくるものはオモローであることは言わずもがなですが。

というわけで、繰り返します。

<うんなま、メンバー募集します>
〇「いつまで」という〆切を特段設ける気もありません。
 興味のある方は、unkonamazu@gmail.comまで、
 メンバー募集の意思があることがわかるような件名と本文を
 送ってもらえれば、返答します。
〇今年、もしくは今年度、行うであろう公演の、
 もとい、うんなま自体の継続的活動の、メンバー募集です。
 「うんなま」というものに関わってみたい、
 「うんなま」を転がしてみたい、人をお待ちしています。
〇ヒジョーにゆるい募集ですが、それぐらい僕らもゆるく、
 かつノーガードに募集します。何もかもが応相談です。
 ゆるいですが、挑戦です。
〇「うんなま」の活動はレジャー的です。
〇つくるものに関しては、良い意味でシラケています。
〇「うんなま」に会ってみたい、だけでもOKです。ご連絡お待ちしています。
 「うんなま」に関しては、当ブログやTwitter@unkonamazuをご参考。

c0227806_2282989.jpg


by unkonamazu | 2015-07-29 21:52 | Comments(0)
2015年 07月 12日

dracom たんじょうかい#3の稽古に行ってきました。

最近はとかく飲み食いし、もしくはMAD MAXを観るばかりの日々を送っている僕ですが、件のdracom Gala たんじょうかい#3の稽古を見学に行ってきたのです。昨日。

c0227806_22221478.jpg
(詳細)
http://dracom-pag.org/?page_id=1334

いうても愚作の稽古シーンを観ることはなく、全体のつなぎと、他2作の通しを見させていただいたのですが、ヒジョーに有意義な時間でした。その後の会話も含めて。

いろいろと思ったことだったり会話の中で印象深かったことはあるのですが、Best of なこととしては、演出の筒井さんが稽古ラストぐらいに『(個人が)日々新しくあろうとすること』と『(役者が)古い演劇に雁字搦めになってしまうこと』について、大意としてはこの表記で問題ないとは思うのですが、について、発言されていたこと、でした。

なぜに印象深かったか。と言いますと、なんでしょう、結局役者の楽しみというのは「舞台上で演技をすること≒それを他者に見られること(見せること、とは必ずしも同一ではない?)」なのであり、そこにおける「演技」というのは、上にある「古い演劇」と繋がるのではないか、と思ったからでしょうか。役者の楽しみ~に関しては、最近僕が迷妄していたことでもあり、その意味でも、ヒジョーに印象深いコメントであったのです。

しかしながら、上述の2点というのは、とてもポジティブなコメントだよなとしみじみ思ったのです。新しくあってよいのだと。古いものにとらわれなくてよいのだと。未開の地を、探し求めてもよいのだと。・・・もちろん、古きを知ること、というのは重要なことなのですが。なんというか、「舞台上で何かすること」の目的は、やはり「舞台上で、見る人がいる中で、何かすること」なのであり、その手段として「演技」があるのだよなと、しみじみ思ったのです。当然のことなのでしょうが、何か安心したのも、事実なのです。

あと、そのような意味では「戯曲」も手段なのでしょう。やはり戯曲は役者が口に出してこそ、またそれに則って立ち居振舞ってこそ、意味のあるものなのでしょう。と。役者なのです。やはり。

なんというか、個人的には、自分が演劇的なもの、というか表現活動的なものをやっている、好きな理由として、気恥ずかしながらも自分が中学生時に聴いたロックのCDが、自分の中で扉を開いた(え~っ、こんな世界があるのか、こんなことを言ってもやってもいいんだ、という、ヒジョーに許されたような)感覚があるので、あの類い希な感覚をまた味わいたいのだなと、もしくは誰かにあの感覚を届けたいのだなと、そういう気持ちがあったことを、ふと思い出させてくれた、稽古見学でした。

本番がとても楽しみです。




by unkonamazu | 2015-07-12 22:21 | Comments(0)