うんこなまずの巣

unkonamazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 13日

ローカルな話

繁澤です。

食う飲む観る、とか書くと、ほんとそんなことしか書いてないなと。
なんというか、やまあらしのジレンマ(?)。

で、一昨日土曜日、司城くんのぶこさんと焼きとんを食べた。明石で。
この「明石で」というのは個人的にはだいぶ大事件だった。
言葉を選ばず言うと、奴らはわざわざ来たのだ。明石に。

明石。ちなみに僕は実家が明石で、少なくとも今は明石に住んでいる。

今まで、いわゆる演劇を通じて知り合った人との交流は、基本大阪で行われていた。
そりゃレジャー的な意味で、神戸や須磨にやってくることはあれど、基本は大阪。
大阪で出会った大阪住みの人と大阪で諸々満喫しようと思ったら、そりゃ大阪だと。
僕もさも当然のように大阪にしょっちゅう行くし、大阪までの定期を買ってたこともある。馬鹿にならない。
うんなまでも、ある意味思考停止的に大阪で稽古している(もちろん各人の交通費の観点もあるけど)。
大阪、大阪、大阪。僕らの生活のターミナルは明らかに大阪なのだ。

一方で、実家が兵庫とか職場が兵庫とか、そういう人も周囲にはいる。
でも兵庫は広い。感覚として、ターミナルが、少なくとも僕には、ない。
僕は神戸のことも元町のことも三宮のこともいうてそんなには知らない。
最近はトーマスを呼び出して三宮や芦屋で飲んだり、ぺーさんやちぇけっちと明石で飲んだりもした。
しかし、それらはあくまでもタイマンの飲みだ。軽いフットワークの飲みだ。

「複数人で飲む」という時に、僕は基本思考停止的に「ではとりまBIGMAN前で~」とか言う。
あのぎゅうぎゅうに人の集まったBIGMAN。あそこで人を待つ、探すのは嫌いじゃない。
けど、あまりに安易だったと、今これを書いている時にふつふつと思い始めている。

余談だが、僕はわりと「後で思い出すと腹が立ってくる」タイプである。タチが悪い。

それはさておき、もっと「パイ山集合」とか、「たぬき集合」とか言いたいのだ僕は。
実際、意識的にパイ山を使い始めている。おっぱい山。フリーハグ。代々木ゼミナール。
てか思い出した。ずっと前笹暮さんトーマスだったり、つるちゅん浦長瀬と飲んだのも三宮だ。
というか同じ店だ。あ、てか高田さんあずぼーさんとも飲んだ。あの店だ。同じ店ばっかやんけ。

つまり、ある程度三宮までは開拓し始められているのだ。
なんだ、順調じゃん。

が、それを踏まえても、「明石で」「複数人で」飲んだことは一つのコペルニクス的~だった。
当日、たぬき集合とは言えなかった。一見さんにはハードルが高いとの判断だ。

実際彼らとの動線上にはたぬきがなかった。

司城くんは「わざわざ来てやっぞ、オラ」みたいな雰囲気だった。けど来てくれたのだ。
のぶこさんはショートカットになってて、僕は勝手に「イイネ!」って思ってた。

たぬき。まさかの横画像。

c0227806_7531131.jpg


にしてもあの日、僕が幼稚園児ぐらいから見慣れたあの光景に、彼と彼女がいたのは感慨深かった。
旧いレイヤーに、新しい素材が乗っかってる、みたいな。語弊?
レイヤー、素材。場所と、人。これからも開拓していこう、と。

c0227806_80230.jpg


焼きとんは美味しかった。予想以上に。いわゆる刺身も。
生の肉、特に豚のそれなんて、幼少期に倫理的な教育で禁止されるようなものなのに、不思議。
にしても飲み食いで繋がる私たち。
本能的な部分もさておき、律した部分でも、なんとかやっていきたい。

外は暴風。

by unkonamazu | 2014-10-13 08:09 | Comments(0)
2014年 10月 05日

ほぼ週間うんなまブログ

になりつつある。ざわちんです(最近あまりにこう呼ばれる)。

c0227806_10225533.jpg


c0227806_1023574.jpg


最近しみじみ思うのは、「ああ、こういう週末の過ごし方するのね」ってことだったり。
小旅行行ったり、飲んだり、芝居観たり、ライブハウス行ったり、なんだり、かんだり。
そりゃあまあ稽古期間は稽古ですものね。せいぜい多少の飲食はあれど。
どんどこ浪費してしまっている気もしつつ。事実。

のんべんだらりと、だらだらと過ごしている。
「インプット期間だ><」とか気持ち悪いことは言わんまでも、何かに繋がればとは思う。
と同時に、ゆっくり考える時間になればとか思っていたけれども、あんまり考えないなあとも。
いや考えているのか。まあ、ゆっくり考えようが合間に考えようが解決しないことは解決しないもので。
何の話だ。何でもない話だ。

http://dracom-pag.org/?page_id=1170
縁あって、dracomの公演で僕のホンが使われることになりました。
「関西現代演劇界を牽引する、豪華劇作家陣による短編戯曲3本立ての上演会」
じぇじぇじぇ!他の2本について知った瞬間に「オアァ…」となりつつも、楽しみにしている自分。
というか予想だにつかないのですよね。そも自分の脚本を他の人が演出すること自体が初。
公演は来年の夏頃だそうだけれども、今月にオーディションがあるとのことで。
詳細はリンクに。よければ、ぜひぜひ。

c0227806_1036189.jpg


一緒に旅行に行ったうえしは、12月にウイングフィールドで公演があるそうな。
彼のことだから、このブログにも宣伝を書くかもしれない。

いつも書いてるけど、うんなま、次の公演についても、いろいろ考えています。作品的にも、準備的にも。
また近いタイミングで第一報できるかも。
なんというか、ダンスホールを作りたい。想像力で空を飛ぶような。
fly me to the xxx(ちょめちょめ).

と同時に、案の定自分とかのこれからについてもホント思案。

そういえば、戯曲提供の件を一応関係者数人に報告していたのです。
そしたら司城くんが「テンション高すぎやろ。キモッ」って送ってきたのが、むちゃくちゃ怖かった。


人は誰でも、闇を抱えている。


宇宙は一人では、広すぎる。


c0227806_10443083.jpg


c0227806_1049368.jpg


c0227806_1049788.jpg


c0227806_10491260.jpg


c0227806_10491657.jpg


c0227806_10492135.jpg


c0227806_10553710.jpg


c0227806_10553213.jpg


c0227806_10554568.jpg


c0227806_10552671.jpg


c0227806_10492663.jpg


by unkonamazu | 2014-10-05 10:59 | Comments(0)