うんこなまずの巣

unkonamazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 27日

この変態を恋愛と言っていいんだろうかとか

狭い日本、そんなに急いでどこ行くの。


c0227806_2491166.jpg



みなさまこんばんは。繁澤です。
というわけで、『tango@bye-bye』、無事終了致しました。
関係者各位、ならびにご来場頂いた方々、その他諸々に感謝感謝です。

そんなこんなで今回の作品。2011年のうんこなまず2回目『さだだだ。』から急に思い立って作演出はじめた僕(思えばそれまではほぼほぼ役者一筋だった)の、長編短編合わせて6本目の作演出だったわけですが、とりまひとつの到達点なんかなあと。僕としても、うんなまとしても。

というわけで、『tango@bye-bye』等々に触れる前に。ちょっとうんなま、過去の作品でも羅列してみましょうか。


*****

『もののけ姫』2010年3月@大阪大学豊中キャンパス大集会室
→ある意味?伝説の公演。メンバーもよく考えれば伝説?メンバー集めも楽しかったですねえ。うんなまはこっからなんですねえ。ここで司城くんとかちゃんと話し始めましたからねえ。今思えば公演としてカタいところはいっぱいあったけど、これがなかったらその後はないんですねえ。伝説ですねえ。いつかまた大集で芝居したいなあ。

『さだだだ。』2011年10月@ロクソドンタブラック
→今思えばエネルギーの使い方を間違っていたような気もしないでもないような公演。はじめての作演ということで、なんか諸々蠢いてつめこんでハチャメチャしてましたねえ。ドッジボールのようなドタバタ言葉遊びに最初は全く役者がついてこなかったのは今となってはいい思い出。うんなまで後にも先にもこんなに汗かいた、動いた公演はないんじゃないかしら。メンバーも実はおもしろい。この頃から「いったん書き上げた台本を途中でめちゃくちゃ書き直す」ということをしてたんですね。でも当時はめちゃくちゃ早く上がってた気が。

『いぬのさんぽ』2012年1月@一心寺シアター倶楽
→メンバーも他の公演と比べると独特な公演(バイク鮎司城くんがいないし、この公演のみの参加者も多い)、かつ一心寺の広さという、個人的には神風特攻隊のような公演の思い出です。今思えばようこのスパン(しかも間に客演あり)でやったなあ。無茶したなあ。三週間前かぐらいに通しをして、これもその後グワッと台本書き直した。でも振り返るとこの公演でやりたかったことはその後に確実に活きている、まさに原石のような公演。うん、こりゃ原石ですわ。つまりは大切な公演です。

『明日放る』2013年1月@AManTo天然芸術研究所
→その後のうんなま(というか僕)のキーとなってる、なんというか「超ウルトラスーパー能動的ニヒリズム」的な雰囲気を全面に押し出した作品、というかターニングポイントですね。もうこの頃には発症していた「とにかく台本が書けない病」の中でたどり着いた「物語が無い中での物語」はいまのところずっとテーマです。テキスト的には思想?というかその時思っていることが主張されはじめました。酒気帯び公演もいつかまたやりたい。メンバーはまさにうんなま。この作品から台本の役名が役者名になりました。「キャラを作る」というのをやめた、諦めたんですね。つまりは超ウルトラスーパーあて書き。個人的には台本を片手に本番を乗り越えた、というか持ってない回で開始2分ぐらいで台詞が飛んで沈黙が生まれた思い出が超ビター。いろいろ開き直ることを覚えましたね。劇場で遊びはじめたというか。うん、遊んでましたね。

『ラブなま』2013年7月@カラビンカ
→通し稽古とかではじめて「フォオオォやべぇこれちょうおもしれぇんじゃないか?」と思えた作品。それまでは通し稽古したら「よくわかんない」とか言われたり、「これ、おもしろいんだよなきっと、うん!」と自分を励まして臨んだり、1ステの感想でやっとこさ安心することばかりでしたから。。。この作品のメンバーも今思えばすごいですね。何がどうすごいのかはさておき、客演が輝いて周囲にうんなまメンバーという構造でした。沈黙とか間の中でのシーンが意識的に猛威を振るい始めましたね。空間と時間の意識をちゃんとしはじめたというか、緩急押し引きで演出的にもだいぶ楽しめていた気が。夏、外でばっかり稽古、書けない台本、エチュード、女性役者一人というセクハラ構造、水鉄砲、口伝で伝わる台本にないラストシーン。なんというか思い出ですね。でもやっぱり脳汁湧き出るというか、「よくわかんないけど何か感じる」を感じた作品でした。自分の作品が自分で好きになれたし。

『tango@はじめて』2013年11月@かつおの遊び場
https://www.youtube.com/watch?v=cgrhTAgvpnw&feature=youtu.be
→過去の公演をふまえ「自分のやりたいだろうこと」を意識としては明確にもって(特に演出)臨んだ短編公演にして、自分の中での「tango」のスタート。案の定ホカホカの台本片手に朝9時から16時ぐらいまで延々と通し稽古(20分)を繰り返して、挙句の果てに作品のループ構造に完全にしてやられて終われなくなって泣きそうになりながらリハーサルに向かったのも完全なる思い出。バイク、鮎、僕の三人のチーム明日放るでしたが、きっとおそらく皆が皆に全幅の信頼を置いていたのだろうと信じたい。本番中の集中力とか謎の緊張感はすごかったし、やりやすかった。役者の演技の統率として、「パス回し」という言葉がしっくりとし始めた。あと短編作るの好きなんだろうなきっと僕。

*****


とんでもないことに眠くなってしまったので、『tango@bye-bye』とかこれからのうんなまとか属人の話はまた後日。


c0227806_4333835.jpg



帯をキュッとね!

by unkonamazu | 2014-03-27 04:36 | 日々 | Comments(0)
2014年 03月 26日

ダイヤモンドリリーに乗せて。

こんばんは、森田鮎です。

まず、先日行われました『tango@bye-bye』、多くのお客様に観て頂けて無事全4ステージ終了することができました。
ひとえにご来場頂いたお客様並びに、スタッフ、共演者の皆皆様方のおかげでございます。誠にありがとうございました。


そしてここから、個人的なお話です。

これまで、「もののけ姫」、「さだだだ。」、「明日放る」、「ラブなま」、そして「tango@bye-bye」と本公演6作品の内いぬのさんぽを除いた5作品に出続けたぼくでありますが、今回の公演をひとつ区切りとして、劇団うんこなまずの団員を退くことに決めました。
まぁ退くとは言っても、もともと入団とか退団とかきっかり線を引く団体でもないので、「うんこなまず団員からうんなまフレンズに。」くらいの感覚でいてもらえたら結構だと思いますが、今後よその所でうんこなまずを名乗ることもなくなるだろうし、うんこなまずの公演に参加しなくなる時もあると思います。

つまりは、簡単に言ってしまうと、フリーの役者として活動をしていくことになるということです。
それは、ぼく自身が役者として次のステップに挑みたいと思ったからというのが理由です。
劇団ちゃうかちゃわんを経て、劇団うんこなまずの役者、大道具として関わりを持ち、今年度はピッコロ演劇学校に通って演劇の勉強もするようになりました。
なまじ色々な経験をしてきました。その上で今ぼくが思っていることは、「役者としてもっと大きくなりたい、成長したい。」ということです。
今まで、劇団うんこなまずという自団体がある事実は、意識的にも無意識的にも、自分がどういう状態になったとしても演劇に携われる場所があるという安心になりました。
でも、もしかしたら、そこに甘えてしまっていて自ら行動を起こすことに積極性が芽生えなかった気がするのです。
来年度、ぼくにとっては年齢的にも環境的にも大切な1年になります。この1年を迎えるに当たってひとつ決断しようと思ったのです。背水の陣ではないですが、自分を追い込んでみようと思います。
知らない人にいっぱい出会いたいし、色んな関係を築きたいなと思ってます。

また、一度決断したからには、「森田鮎が出るから観に行ってみようかな。」「森田鮎と一緒に共演してみたいな。」と、多くの人に思ってもらえるような役者に成長出来たらと思っています。

宮本バイクが東京に行く機に加えての報告で、これから劇団うんこなまずも諸々変わっていくことがあるかもしれません。それでも、繁澤さん初めうんこなまずメンバーはこれからも色々なことをしていくつもりだと思います。

身勝手なお願いではありますが、これからも、劇団うんこなまずとわたし森田鮎のことを色々と構ってもらえたらなと思います。
これからも宜しくお願い致します!!

by unkonamazu | 2014-03-26 00:34 | 日々 | Comments(0)
2014年 03月 23日

バイキング

おはようございます。初めてブログを書きます。山本です。

『tango@bye-bye』初日そして2ステ目終了しました。ご来場くださった方々、お手伝いくださった方々など、ありがとうございました。

そして今日は2日目です。あっという間です。思えば稽古のあった期間もあっという間に過ぎました。色んな場所で稽古があったので、その場所ごとにどこでご飯を食べようか考えるのが楽しみでした。そしてCafe Slow Osakaのある十三にも、たくさんのお店があります。バイキング形式のお店でおかずを買うのが楽しいです。
昨日食べたチキン(ポテトサラダチーズのせ)が美味しかったです。

残りは14時30分~、18時~の2回です*\(^O^)/*ご来場お待ちしております!

by unkonamazu | 2014-03-23 13:35 | 公演 | Comments(0)
2014年 03月 23日

アプリコット、アップリケ

『tango@bye-bye』は無事1ステ目を終えました。ご来場くださった皆様、ありがとうございました。
座組一同、明日も頑張ります!

はじめまして、尾野です。今回縁あって劇団うんこなまずの公演に参加させていただいています。

ちょっとだけ私的な話をします。
去年の末頃からホットケーキを焼くことにはまっておりまして、最近は2、3日に1度の割合で焼いています。そんなに食べて飽きないのかと思われるでしょうが、トッピングを変えると全然違うものになるので意外に飽きません。おすすめのトッピングは林檎のホイル焼きです。薄く切って砂糖をまぶした林檎をホイルで包んで、ホットケーキを焼いてる間、フライパンの端においておくだけでできる簡単なものです。林檎は若い方が火を通しても触感が残りやすいです。

そもそも私がホットケーキを焼こうと思い立ったのは夢にとてつもなく立派なホットケーキが出てきたからです。私は夢を結構覚えている方なのですが、この夢は特によく覚えてます。そのホットケーキは薄いホットケーキが何段も積み重なった間にクリームや果物がぎっしり詰まった、非常に贅沢なものでした。クリームや果物は例えば苺とカスタード、バナナとチョコソース、ブルーベリーとヨーグルトクリームといった感じで必ずセットで入っていて、しかも一段毎に違う種類でした。そんな豪華なホットケーキを夢の中で口一杯頬張って満足して、朝起きたらホットケーキが食べたくなるのは当たり前ですよね。

つまり何が言いたいかというと、『tango@bye-bye』も私が夢で食べたホットケーキと同じくぎっしり中身が詰まってますよってことです。明日も天気が良いそうなので、ぜひともご来場ください。お待ちしています。

by unkonamazu | 2014-03-23 00:19 | 公演 | Comments(0)
2014年 03月 22日

「十三で、待ってる」

「すぐ行く、走って行く」


c0227806_7234928.jpg



「あっごめんフライングしちゃった」


あなたの心にフライングクロスチョップ!
『tango@bye-bye』は十三で、CafeSlowOsakaで、役者スタッフそして皆様に出会って、始まって、終わります。

心より、お待ちしております。


c0227806_7235044.jpg



「あっごめんまただ」


お待ちしております!

by unkonamazu | 2014-03-22 07:17 | Comments(0)
2014年 03月 22日

前夜!

本番前にしてまさかの初めての投稿です。
はじめまして牧田と申します。

最近の印象的な出来事はイナゴの佃煮を食べたことです。
おいしかったです!

さて、今日が本番前日ということは明日は本番です。
今は夜の12時くらいで、こんな僕は早く寝なくてはいけません。
明日は早いですからね!
起きれるか不安になってきました。
きちんと起床するところからが本番なんですよね、きっと。

振り返ってみると、うんなまの稽古期間はあっという間でした。
光陰矢の如しです。
気づいたらきっと本番も終わってしまってるんだと思います。
ですから、どうせさっと過ぎ去ってしまうなら、過ぎ去ったあとに少しでも楽しい思い出が残るように精一杯楽しみます!

この小屋入りをしてからは時間が濃密に感じます。
いい傾向です。
となりのたこ焼きもおいしくて幸せです。

駄文失礼しました!
明日が楽しみです!!

by unkonamazu | 2014-03-22 00:15 | 日々 | Comments(0)
2014年 03月 21日

遅いぞ武蔵(ブログを書くのが)

ニナニナ。こんばんは、司城です。
おらおら。Ultrabookの爆誕じゃ。電車でブログを書いちゃうぞ。
軽いブログ旅じゃ。稲垣早希じゃ。青い稲垣が僕を責める。赤い稲垣が家を燃やす。敵ながら見事なコンビネーションじゃ。

さてさて!
『tango@bye-bye』、もう明日には本番ですよ!
信じられないよ!信じられないよ!
YO!YO!ですYO!ですよの細菌!わっ!
もうね、タンゴっていうか繁澤ンゴwwwって感じですわ。クソみたいなセリフよこしやがって!繁澤ンゴ、バイバイ(@^^)/~~~

今日は十三はCafe Slow Osaka(「~は~」って場所の書き方、腹立つよね~)にて稽古です。(演劇部が練習のこと「稽古」って言うの腹立つよね~)
中崎町の隠れ家的芸術スペースAmanto、梅田のクリエイティブカフェスペースなカラビンカに続き、あの辺のおしゃれスポットをガンガン浸食するうんこなまず。
汚い劇団名ですねー。でも、名前が特攻隊長のような役割を果たしてる感はすごいある。「劇団お小水ドラゴン」とかだったら絶対誰も来ない。ん?

知り合いの人とかこのブログを継続的に見ていただいてる世にも奇妙な人はご存知かもしれませんが、なんと『tango@bye-bye』が終わったら、劇団員の宮本君は夜空のムコウ、つまりTOKYOに行ってしまうんですわ。宮本なんだから巌流島でも行っとけって話なんですけどね。そっちは違うぞ…武蔵…そっちの穴は(ここからはツバメ返し)
宮本12:00(正午という意味で)君がうんこなまずにとってどれだけ大切なファクターかというと、寿司におけるワサビというか、チョコクリスピーにおける牛乳というか、ミスドにおけるあのツルツルした紙というか、あ、これは無くてもいいわ、とにかくもう宮本の「み」はうんこなまずの「み」なんですわ。あ、「み」ないわ。実のない話をどうもすいませんでした(ギロチンの如き緞帳)

宮本君を一言で表すならば「深淵」です。
彼は底が見えません。普段話してると普通の気のいいやつなんですけどね。
怖いですね。原子炉積んでるんじゃないかってぐらい彼に無限を感じる時がある。
夜中に妖怪のフリしてるんですって。怖いよ。
彼に感じる恐怖が消えないよ。

今回の『tango@bye-bye』のテーマは「ホントを探す旅」らしいです。
うーん、よくわからん。舞台上で起こってることはホントなのかウソなのかって話なのか?
脚本・演出に基づいたセリフ・演技がウソだけど、舞台上で起こってることは紛れもないホント的な?
大学の演劇サークルにいたときによく言われましたね。上っ面の演技はウソになる、的な。
でも、結局、ウソじゃないですか。めっちゃ入りこんで演技してる人も、自分でその場で必要性があると判断しての行動じゃないから、ウソじゃないですか。
ってことは舞台上で起こってることはウソなのか?いや、でも、極限まで集中した役者はその役の人本人になるって言うしな。本人がいるんだからホントだろ。ん?本人が二人いるって状況がウソなのか?最近、僕はうんなまでは「司城」という役名がデフォルトと化してますが、それって本人じゃん。いや、でも普段の生活では開脚してジャンプしたりしないしな。でもお酒を飲んだら少し大胆になる人っているしな。酔って覚えてないことって本人にとってはウソだけど、他人からしたらホント的な?
あかん、ダメダメ、気が狂う。めっ。めっ。滅。

ウソのことをしてるけど、その場で実際に起きてるという意味ではホント的な?
脚本時点ではウソだけど、役者が声に出して読んだ時点でホント的な?
夢を形にする仕事的な?うわっ、気持ち悪い。
繁澤君はよく「セリフが後からついてきてほしい」とか言うけど、それってつまり、なんとなくの段取りは決まってるけど、技の順番とかは決まってないプロレス的な?
プロレスって生ですよね。限りなく生ですよね。
でも、古代のコロッセオの闘技とか、どっちがどうなるかわからないものがホントの中のホント、キングオブホントなのかな。
もうどっちでもいいわ。十三着くわ。

ああ、でも寂しい。
寂しい。なんだか寂しい。
愛しさと切なさとあとなんだっけ?愛しふるさと?
とにかくもう、大阪で宮本君に会えるのは今回が最後!
彼の中に潜むハム太郎を筆頭とした数々の悪鬼が見れるのは今回が最後!
西郷どん!おらすっげぇワクワクしてきたぞ!
魔界の扉が今閉じる!さあ、みんな!このビッグウェーブに乗り遅れるな!

by unkonamazu | 2014-03-21 09:49 | Comments(0)
2014年 03月 20日

劇団うんこなまず Unko-Ga-Muri6ri公演

[公演情報 ver2/25]
c0227806_20361425.jpg


劇団うんこなまず Unko-Ga-Muri6ri公演
『tango@bye-bye』
作・演出:繁澤邦明

◆あらすじ◆
宮本くんは大学4回生。
ヤク(ヤクルト)とシガー(ココアシガレット)に夢中などこにでもいるちょっと変、
だけどフツーのオトコのコ(23)。
今日は十三のカッフェで1人観劇だ!それがあれれ?客席で携帯が鳴って、
ついつい会話にムチューになてたら虚構の世界に迷い込んじゃった^o^アチャー^_^;
「やれやれ、ちょっと生まれ変わっても、いつかまた君に会えマスカット!」
うんなまが年度末にお送りするのは、
ちょっぴりハイでおセンチな倍々お別れファンタジーbye(≧∇≦)bye

「宮本っち!
  これは出し物なんだから、
   出し惜しんでちゃダメさ。
   出して出して、出し抜いてやるんだよ!
              おしゅしだよ!」


◆日時◆2014年
3月22日(土)19:00~
3月23日(日)11:00~/14:30~/18:00~
※受付開始/開場は開演の30分前です。

◆場所◆
Cafe Slow Osaka
〒532-0028 大阪市淀川区十三元今里2-5-17
※阪急梅田駅より快速神戸方面/宝塚方面で1駅の「十三」駅西改札より徒歩7分。

c0227806_20311272.png


◆料金◆
前売1200円/当日1500円

◆予約フォーム◆
http://ticket.corich.jp/apply/52628/

携帯からの予約はこちらをクリック!





[PR] 二次会ドレス レンタル
シストレ比較
FX初心者
メンズエステ


◆キャスト◆
宮本将吾
森田鮎
司城大輔
友松拓也
繁澤邦明
(以上、劇団うんこなまず)

下野佑樹
尾野和子(劇団カオス)
山本栞 (劇団カオス)
牧田尭之(劇団カオス)
 
◆スタッフ◆
舞台監督 西野真梨子
照明   宮崎純(題名のない演劇会)
音響   浅葉修(Chick'n'Heart)
映像   鈴木径一郎(sputnik.)
映像操作 小林寿樹
制作   藤原政彦(Martico)
宣伝美術 高田悠史
企画製作 うんなまフレンズ

◆What's うんこなまず?◆
大阪大学劇団ちゃうかちゃわんや大阪市立大学劇団カオスなど、
いわゆる学生劇団OB(ゆとり世代)を中心に活動。
公演前に力を持て余した変な若者(うんなまフレンズ)が集っては、
情緒・衝動・ナンセンス・うんこ等等をイマドキの感性で再編集した
忌々しくも素直でゴキゲンな時間と空間作りをしております。
自由に今を掴みとる、「みくすちゃー」かつ「おるたなてぃぶ」な出し物を。

◆お問い合わせ◆
tel:090-5468-1276(制作)
twitter…@unkonamazu


皆様のご来場、団員一同心よりお待ちしております!


by unkonamazu | 2014-03-20 00:00 | 公演 | Comments(0)
2014年 03月 19日

『tango@bye-bye』 挟み込みについて

『tango@bye-bye』 挟み込みについて

公演チラシ等の挟み込みは、以下の通りで受け付けております。

<持ち込み>
以下の日時、会場に「180部」お持ち寄り下さい。

日時
3月19日(水)12:00〜19:00
3月20日(木)9:00〜12:00
場所:大阪大学豊中キャンパス学生会館2階大集会室

日時
3月21日(金祝)10:00〜21:00
3月22日(土)10:00〜14:00
場所:十三カフェスロー大阪
*会場まで来られる時間をunkonamazu@gmail.comまでお知らせ下さい。

また上記以外の日時の持ち込みを希望される方はお気軽に上記アドレス迄ご連絡下さい。
それではどうぞよろしくお願い致します。

劇団うんこなまず制作

by unkonamazu | 2014-03-19 12:15 | 公演 | Comments(0)
2014年 03月 16日

わんつー、わんつー!

森田ですー。
この公演の最初辺りにぶろぐ更新して以来の書き込みでござる。

無事ピッコロの卒業公演が終わったのも束の間、もう来週はうんこなまずの公演ですよ。168時間後には公演終わってますよ。168時間後の今頃はきっとバラし終わって打ち上げ行こうかなって思ってる頃ですよ。
十三はどんなお店があるんだろう。美味しいお店あるかしら。美味しい鶏とか、美味しい海鮮とか、美味しい揚げ出し豆腐とか...。あぁー食べ物ってたまんね~、食事たまんね~。

最近なんか稽古稽古の毎日ですわ。誰がいけないのかって言ったら確実にぼくなんだけど、起床→バイト→稽古→就寝→起床、こんな日々が続くと、たまの何もない夜とか何もないお昼間がなんともいえない程幸福に感じるのでござる。
大学時代はこんな時間が腐る程あったと思うと、あの四年間の密度ってもんは今思うととても希薄なものだったんじゃないかしらって思ったりするのです。忙しいのが良い、暇なのがダメって言ってるんじゃないけど、与えられた時間を如何に上手く使えるかって結構その人の人間性に委ねられるものなのかもしれませぬ。

あらやだ、何を突発的に話しているのかしら。
最近、ご飯三合食べちゃうわ。一食で三合、しかも夜とかに。絶対後で太りそう。動くのを止めたら直ぐ様もとの様に戻ってしまいますわ。
でも最近基礎代謝上がってきたって思うの。稽古で動いてバイトで動いているうちに何時の間にかね。
今まではこんな大食漢状態になったら一ヶ月もあったらデブリンになってたのに今はまだ二ヶ月半程音沙汰無っしー。
デブリンタイムが何時来るのか怖いわーとか思いながら、パクパクパクパク、またパクパク。
食べるの好きだから止められないけど、それ以上に動いたらいいもんね。いち、に、しゅっしゅ。いち、に、しゅっしゅ。わんつーぱんちでK.O.勝利!

みんな22日、23日は十三に来ってねー!!

by unkonamazu | 2014-03-16 22:25 | 稽古 | Comments(0)