<   2010年 02月 ( 45 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 28日

そして3月へ…

c0227806_23574043.jpg

ハイサイ!ゴーヤ茶!


どうも、繁澤です。




いやはや、早いもんでもう3月ですね。来週の今頃はもう本番終わってるんですねえうわあ。





しかしまだまだなんですね。何を隠そう僕がね。なんかもうやばいんすね。今時の若者風に言えば「ちょwww俺www」みたいな感じでしょうか。違うかしら。



うーん。




つまるところ、妥協せず、全力で、集中して、イキイキと。





こんなの当然なことなのですが、とにかく意識して最後の1週間を過ごしていきたいなあと思うのですよ。結局それしかないのだから。







まだまだ本番までに「もののけ姫」はより良い作品になるはずです。


どうか見に来ていただいた方々に満足してもらえますように。ではでは。






写真はうんこなまずの仕込みに現れてみんなに愛と勇気を与えてくれた、また最終通しが途中中断した原因とも噂される悪戯好きな妖精「デストラクション宝来」です。

by unkonamazu | 2010-02-28 23:57 | 日々 | Comments(1)
2010年 02月 28日

最終通し!!

はい、はい、どうも、ジコ坊いちの家来でお馴染みの、あゆこともりたあゆみです。

早いもんで、本番までもうあとちょっと
土曜には弟3回通しをやりましたよっと

本番とおなじ場所で、舞台がたてられている状態での通し。なんと贅沢な通しだこと

ぼくの衣装は開始30分?くらいでドロップアウトしました。唯一自分で針に糸を通し玉結びをし、一縫い一縫い丹精込めて縫い付けたフックがものの見事にお粗末な姿を晒すことになりました。
通し後原因を検証してみたところ、どうも単純に縫った回数が少なかったみたいでした。フックには3点止めるところがあって、1点につきぼくは2,3回ほど縫いまわしました。

宮本バイク将吾曰く、そんなんじゃ足りねーよ!! らしいです。


あぁ・・・2,3回じゃ足りないのかいな・・・。2,3回糸とおしゃ固定できようが、できないもんかねぇ。これが衣装に無頓着な人間の思考なんだなぁとしみじみ思う午後5時30分。
そして結局ぼくはかれにフックをつけてもらいました。かれは5回も縫いまわしましたよ。


でもただそれだけのこと!
5回やればいい感じになれたのに2,3回しかやらなかった、ただそれだけのこと!!
そしてぼくは2,3回のくせに丹精を込めたと思い込んでいた、しかしただそれだけのこと!!!


演出から今回の芝居はパワーが大切だと言われたので、パワーを出してみました。

もう1週間後には公演も終わり打ち上げてるところだと思うとドびっくりです。しかしまだ1週間あります。よりよいものに、よりお客さんが楽しめるものを創るのに重要な1週間です。パワーある演技を、もっと、もっと!!



~プライベート編~
いつぞやの日記で宮本バイク将吾の部屋を襲撃してきたおっさんたちが2回目の襲撃をしてきました。同じ寮に住んでいるのでぼくも襲撃されたのです。
あの日記を見て警戒したのか、おっさん's は部屋に立ち入ることはせずその代り部屋の周囲を「ドチクショー、ドラエモーン、アバンギャールドー」とかなんとか言いながら解体し始める日々が続いていました。
どうやら食糧供給の道も断ちぼくらを餓死させる気だ。相手の武器は工具一式にどろっどろのペンキ、それと生え散らかした不精髭。それらすべてを出会い頭に口に突っ込まれでもしたらたまったもんじゃない。
たちまちGAME OVERだ。くぅ、でもそーんなのはいーやだ!忘れないで夢を こぼさないで涙 だから君はとぶんだ どこまーでも そうだ おそれないで みんなのために 愛と勇気だけがとーもだちさ
孤独っ!! そんなことを考えているときついに、ついに全面戦争のときが・・・ 隅の部屋から悲鳴が上がった。敵は光速のスピードで一部屋一部屋始末していく。あと4部屋、3部屋、2、1、0ガチャッ
おっさんと目が合った。「一歩でも動いたら殺すぎゃ。」手にはお好み焼きのへらみたいのを持っていた。「声を出したらこのお好み焼きのへらみたいのでおまえの顔のホリを深くしてやるぎゃ。」
たじろぐぼくを尻目に、おっさんは出入口付近の床を剥ぎ出した。反撃を試みようとした。がしかし、かがんだおっさんの左胸に星がいくつも刻まれているのがちらりと見えぼくは戦意を失った。こいつ、熟練者だ。
あとはされるがままだった。床のリノリウムなんぞ剥ぎたきゃ剥げ。ドアノブなんぞ直したきゃ直せ。そしておっさんは帰り際に「お邪魔しましぎゃ」と言って次の獲物に喰らいついていった。
そんな内装工事。


ではではズキューンさようなら、あゆみでした。

by unkonamazu | 2010-02-28 00:24 | Comments(0)
2010年 02月 26日

仕込み前日!!


仕込み前日の稽古が山場を迎えた時のこと。
右目に違和感があった。

ごみ入ったかなぁ…いやまつげか!?
この微妙な違和感はどっちかって言うとまつげか!?
と思って鏡を見たけど、まつげもごみも見当たらない。

う~ん…

右目に違和感を感じつつ半通しを終えて帰宅。
消えない違和感。
吸い込まれそうなくらい鏡に顔を近づけて観察したところ…

目の淵に服の繊維を1本見つけた。
蛍光灯にかざすと透けてしまうような、つかホント注意して見ないと気付かないような1本の繊維。
指先で慎重につまんで引っ張ったら

うぉ~!!
まぶたと眼球の間からその繊維がしゅーっと出てきました。
なんとヤツは3センチほどもありました。

私にとっては3ヶ月に1度程度のあるあるなんですが、今日は最長記録でした。



そんなこんなで右目の違和感に気を取られている内に終わってしまった仕込み前日稽古です。

今日は

衣装も着て!
小道具も使って!
本番と同じBGを使って!

と、実践問題的な感じでした。
基本問題「自分の癖を直す」に苦戦する私には高度でした。
でも小屋入りしてからは舞台稽古がたっぷりできるそうで♪
小屋入り後は発展問題にも手を出したいですね!


今日は写真を…と思ったけどブレまくってたので過去のものを。
うん。こーゆーシーンもあったよね。
うん。みんな髪型がちょいちょい違うね。
うん。
うん…

ここまで本当にあっという間でした。
けど今までやったいろんなコト
無謀なコト
おもろいコト
消えちゃったコト
しんどいコト

ぜーんぶ本番の舞台に何かしらの形で現れるんだなーと思ったら
本番がとっても楽しみになりました。
まだまだ終わってほしくないけどっ

明日は(今日は)朝9時集合。
起きられるかなぁ…
c0227806_475552.jpg
c0227806_49016.jpg


c0227806_494781.jpg


by unkonamazu | 2010-02-26 04:11 | 稽古 | Comments(0)
2010年 02月 25日

ジブリ語り代筆 「魔女の宅急便」

こんばんは、。久しぶりの更新高田です。

いよいよ明日からは仕込みです。
今日は衣装も着ての稽古。あぁ、めんどくさい衣装だ。
うんこなまずもののけ姫もいよいよといったところ、是非来週は大阪大学にお越しください。

さて、長らく書いていなかった魔女の宅急便のレビュー。
なぜかというとね、僕には書けないんだわ。

なぜかと言いますと…


僕ぁ女の子じゃないのよ



そうさ、wordに2ページ分ぐらい書いたんですよ自分で。
でもね、何かが違うんだ。魔女宅のレビューじゃないんだ。何かが足りなかったんだ。

それはね、女の子目線というやつです。
女の子目線が足りないんですよ!
魔女宅っていうのは思春期の女の子が物語。
そうなんだ…僕は男の子なんだ…。
思春期の女の子の微妙な心情なんて俺にはレビューできんのですわ。

そう思って途方に暮れていたところ、僕の携帯にある連絡が入りました。



「早く魔女宅をレビューせんかい」


何故あなたがブログを見ている…


「なれば私がレビューしてやろう」


確かにあなたは女だ。しかしそんな…


「忘れたか…一年前の次回をお楽しみにで更新をストップした某ブログを」
  

…それを言われると僕は何も言えない。そうだ…。確かに去年の公演のブログではしまじろうさんを紹介するといいながら紹介せずじまいだった。このままでは、このままでは、魔女宅をレビューできずに終わってしまう。
それでいいのか?それでいいのか俺は?


「ここでやめてしまえばお前はジブリオタクの風上にもおけぬ。ラピュタのちびのマッジに家から追い出される黒豚のようなものだ」





「これを授けよう」




『魔女の宅急便』 1989年公開 





魔女の宅急便は黒猫を連れホウキに乗った普通の13歳の女の子が,海の見える素敵な街で生きていく日常を描いた,ただそれだけの物語である.世間に揉まれながらも少しずつ成長していくキキのトキメキや喜びや涙に共感し,あるいは少女時代のみずみずしく切ない気持ちを思い出して懐かしさに浸るための映画だ.多くの人の共感を呼ぶ魅力的な女の子を描くことこそがこういった映画の根幹だと思うのだが,その点で宮崎監督は完璧すぎる成功を収めている.

思えばナウシカ以来,監督は「少女」を描き続けてきたわけだが,少女というリアルな生き物に対して彼がいかに強い魅力を感じ,観察し,その内面と外面を描き切ってやろうという気概を持って映画づくりに挑んでいるかをこれ程感じさせる作品は無い.語弊を恐れず言うなら,監督自身の「少女萌え」を昇華させることを第一義とした映画のようにさえ思えるのだ.
もちろん,もはやお馴染みの記号たちはほとんど一切と言っていい程出てこない.ヒロインの衣装はひらひらフリルのついたミニスカートでもニーソックスでもなく,地味なまっ黒のワンピースだけ.幼児体型に不釣り合いな胸のふくらみも,涙をうかべる上目づかいの目も無い.アイテムと言ったら時折のぞく白いカボチャぱんつくらいだ.(余談だが,黒いワンピースの下に白い足とその上のふんわりしたカボチャぱんつが見えた時私はいつも実に背徳的なバツの悪い気持ちになってしまう.)
だが紺色のワンピースに映える白い肌,柔らかそうで赤みの差した頬と細い首,生き生きと光る勝気な黒い瞳,くるくる変わる表情,朗らかで媚のない高山みなみの笑い声の魅力といったらない.飾るものといえば頭の大きな赤いリボンだけだが,逆におしゃれへの強い憧れを感じさせる.着飾りすぎないこの格好こそが思春期にさしかかったばかりの未完成の少女らしさを表していると言えよう.

少女を見る宮崎監督の視線は偏執的でさえある.
外見に関してもさることながら,驚愕すべきは内面の描写だ.性格,価値観,周りの大人たちや同世代の子との関係性など,おじさんのくせに一体どうやったらこんなに少女らしい少女の気持ちを理解し再現することができるのかと舌を巻く.
ショーウィンドウを見つめる目,父親と母親に対する振る舞い方の違い,自分を描いた絵を見たときの反応など,挙げればきりがない.特にトンボやその友達を拒絶するときの仕草や表情は,劣等感や恥じらいがないまぜになった女子特有の気持ちをこれ以上無くリアルに表現している.アニメを描く表現力以上に,徹底的な観察が無くてはこんな表現はできない.


ファンタジー巨編から幼女モノまで守備範囲の広さを誇る宮崎監督だが,魔女宅は宮崎監督自身の少女観を余すことなく詰め込んだ渾身の萌えアニメなのである.もちろんきっちりと普遍的なドラマ性を盛り込んでいるからこそ,世間では少女の自立と成長の過程を描いた心温まる物語と評され,幅広い層に支持されていることは言うまでもない.のみならず,徹底的にリアルに思春期の少女の世界を描くことで,(男性目線の独りよがりに陥るのが萌えアニメの常にも関わらず,)女性の共感を呼び,女性にこそ支持される作品になっている.
男性に向けた少女賛美を萌えアニメと称するなら魔女宅は萌えアニメの限りではない.
完璧な観察の末,少女自身の視線を身に付けた宮崎監督流の少女賛美=宮崎流萌えアニメなのである.



                                          特別執筆 高田家長女



ねぇ?
これが本当の身内ネタです。
家族ぐるみのジブリ好きなのです。

女性の目線にたったレビューとは思えん。ただの変態じゃないか?

そんな感じで、魔女宅は宮崎駿の少女観が如実に表現された作品です。
それを男でありながらここまで事細かく表現できる宮崎駿は天才であり変態ですね。ということです。

僕にはこれ以上は魔女宅を語れん。まだ紅の豚のほうが語れる。



というわけで次回は紅の豚!絶対レビューする!意地でもレビューする!
とりあえずは紅までレビューできれば次はもののけですのでそこで終わりですかね?



続くぅ!

by unkonamazu | 2010-02-25 23:05 | Comments(1)
2010年 02月 24日

受験生頑張れよ~

受験生の波に飲み込まれた阪大から、
麻場です。稽古日誌です。

先週土曜には、ついに滞りなく全編を通せるようになり、
細かい部分の作りこみが始まったのが、今週の月曜日。

それ以来、アシタカの心身の動きを自分のものにすることが、自分に課されたテーマの1つです。
月・火と、太田氏にダメを頂きながら終盤のサンとの会話の練習を重ねるうちに、少しずつ分かってきたような気もします。

でも、とにかく時間がない。もう、本番まで1週間と少し。
焦っています。すべての時間が短く過ぎ去って行く気がします。

アシタカは何がしたいのか?何を思っているのか?
考えれば考えるほど分からなくなるこの頃です。考えすぎかもしれません。

少しでも良いものをお客さんに観てもらいたいし、お客さんには期待してもらいたい。
勝負はここからだと思っています。
火曜日の稽古を終え、普通の稽古は、木曜日あと1回を残すのみとなりました。


振り返ってみれば、稽古が始まってから長かったような短かったような、3か月強でした。
実は、いくらか遅刻はしたものの、僕は毎回の稽古に参加してたんです。
これも当然毎回稽古出席の演出氏共々ヒマなんだなぁ、そして、こういうの好きなんだな、と、つくづく感じます。

試行錯誤を繰り返し、時間も金もつぎ込んだ数多のシーンが消えていったものです。
いつか、ディレクターズカット版をやろうなんて冗談がでるほどに。

これまで、接点が無いか、あっても薄かった人たちと、
稽古の中で、ようやく仲良くなって来たかなと思う今、
終わりが近いことが残念です。

それでは。受験生の皆さん、頑張って下さい。そして、よければ観に来て下さい。

by unkonamazu | 2010-02-24 18:56 | 稽古 | Comments(0)
2010年 02月 23日

今日は何の日VOL.2

どうも、役作りを兼ねて髪を染める(ヤックル色にする)ことを決意いたしました繁澤です。ヤックルはここにきてまだまだ迷走進化しています。少なくともここでしか見れないヤックルになっていることは間違いナッチャブルです。




さて、話は変わりますが「今日は何の日?」と言われてみなさん答えられますか?



…うんうん、そうなんですよ。今日はこの人の、誕生日だっ!!















c0227806_2332239.jpg









あっちげーや








c0227806_23453088.jpg








そう、客演さんにして偉大な先輩ぺーさんの誕生日だったんですね。


ぺーさんは今日の稽古でも音あり放屁を演出からのダメ出し中に炸裂してくれるほど、なまずの稽古場でムードメーカーっぷりもとい自由奔放っぷりを発揮してくださっています。とても自由な方です。本当に、本当に自由な方です。ぷりっぷり。






今日の稽古場でいっちょハッピーバースデーソング的なのをみんなで歌うイベントでももうけようと思ったら居残り稽古までしたのに「お誕生日おめでとうございます」の「お」の字も伝えられなかったのでこの場を借りて伝えたいと思います。






みんな(うんこなまず参加メンバーを指す)準備はいいかい?






せーのっ








「ぺーさんお誕生日おめでとうございます!!」









ではまたマタンゴ!
c0227806_23453088.jpg


by unkonamazu | 2010-02-23 23:55 | 日々 | Comments(0)
2010年 02月 23日

ローソンの700mlリンゴジュースがおいしすぎる

僕はりんごジュースが大好きです。
幼少期に、味と食感を気に入りすぎて、余裕でりんごを噛めるくらい元気なときにもすりりんごを食べていた流れだと思います。
飲みすぎたらサツマイモの味がします。でも好きです。
好きなブランドとしては、首位がトロピカーナ、次にサンキストです。
そんなりんごジュース(以下RJ=RingoJiru)の業界に、ローソンからキラー商品が送り込まれました。
ローソンには以前から100%のりんごジュースがありました。
それも1Lの。
そんなローソンがなぜここにきて700mlのりんごジュースを発売したのか。なぜ、量が減ったのか。
答えは、「混濁」果汁だからです。
混濁果汁によって、りんごジュースがどう

あ、こんばんは、司城です。
いやあ、今日も密な稽古でした。

今日の稽古は、主に細かい部分を詰める作業だったと言っていいでしょう(こう書くと町工場にありそう)
細かい部分といってもいろいろで、ある人は会話シーンの練習をし、ある人はセリフの感情を考え、ある人は肩幅を比べたりしていました。

その中で僕が何をしていたかというと、動きの練習です。

やはり、この芝居、もののけ姫というだけあって人外が多いわけで。
人間が適当にやっててもそういったものに見えないんです。
歩く、走る、などの動作を研究し、練習しないといけない。

更に場所移動も多いわけで。
自分が目立つときは目立つが、出番が終われば場所を譲る。
そんな場所移動のときに自分が目立っていてはいけない。

今日は、この二点をFSKさん監修のもと練習してました。
なんかいろいろと発見があり、寝て忘れないようにしたいです。





最近稽古場で思い出し笑いがひどいです。
思い出し笑いをする人はなんとやらとかいうジンクスはおいといて、周りのみんなごめんなさい。
いや、でもほんとうんこなまずの稽古場っていつも笑いがあるんですよね。

中には稽古場以外で思いだしてしまうくらい強烈なものもあります。
移動中の電車とかで笑いそうになったとき、にやける口の形をごまかすため、僕はそっと口をふくらましてかわいこぶります。落ち着いたら携帯を見ながら「さて、どうするか」みたいな顔をしながら、口の中の息をため息に変換して吐き出します。ごく自然の所作です。

最後に、「強烈なもの」をリストアップして寝ます。

・ジコ坊「人を寄せ付けない毛深い森ガール」

・じいじそのもの

・FSK「へ、へい」

・頭「ず」

・まんも↑す↓

・めぐみちゃん「元にもどらないんです」

by unkonamazu | 2010-02-23 01:06 | 稽古 | Comments(0)
2010年 02月 22日

巻き起こせ!アラシ!アラシ!ウォウ!

c0227806_1352458.jpg

やあ、変態松潤だよ。







今日は変態松潤は長い長い一日でした。


稽古→観劇→宣伝飲み会とな。いやはやなかなか。ちびっこまじツンデレっすわ。「ギャー!!!!気持ち悪いー!!!!」という黄色い歓声とか図書館には不釣り合いすぎるぜベイビー。「変なおっさんきたー!!!」とかこのご時世にはしゃれにならんぜベイビー。



でもアメくれるんすよ奴ら。なんかついて来るんすよ奴ら。







ちょっぴり元気もらっちゃったよ変態松潤。







ただ家帰った直後に稽古した施設から携帯に電話がかかってきた時は「あ、やべ」と思っちゃったよ変態松潤。レッドスネークよろしく変質者カモンかと思ったよ。古いよ。






まあ忘れ物回収だからよかったけどついつい達郎さんのリンゴジュース飲んじゃったよ変態松潤。間接なんたらだよ変態松潤。





///





で、「ちゃかさん」を見て(一言で言えば「トゲトゲ羽毛布団」な印象の公演だった。面白かった。笑った。)、「それかん」で宣伝させていただいたわけですね。





いやはや、様々な劇団さんの公演と日時が被ってるのですが「見に行けないからDVDかテープくれ!」といろんな人に言っていただけたのがうれしかったです。ただ正直次の日とかどうなんだろうかまあ頑張ってもらおう。…ダレニ?







とにかく、みなさまの期待に応える公演となりますようにラストスパート頑張ってかなくっちゃっ!と思った次第でございます。





そんな最終変態松潤な(最終兵器彼女ぽく)繁澤でした。仰向けで携帯両手でいじってたら今両手が爆発しそうに痛いです。ブラックジャックも仰向けでの手術に一苦労するわけだ。




ナムサン…!ではまた。

by unkonamazu | 2010-02-22 01:35 | 日々 | Comments(0)
2010年 02月 22日

「そういう鳴き声のポケモンいそうですよね」

うらああああああああああああああああああああフスクですどーもー。あ、賦句と書いてフスクと読むんすよろしくどうぞーひぃやっはぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁ!!!!!

むりですね。変なテンションで稽古日誌をどうにかごまかそうとするのは。とぅるっとぅー。

あ、ちなみに今の「とぅるっとぅー」っていうのは、「とぅるるーるる ・ とぅーとぅる とぅるっとぅー」の略です。正確には、「とぅるるーるる ・ とぅーとぅる とぅるっとぅー」が正式名称で、「とぅるっとぅー」はいわゆる俗称です。

さらに言うと、「とぅるっとぅー」は基本的に肯定的な意味に使われます。ただ、重要でない場面においては「とぅるっとぅー」を否定的な(冗談ですむ程度の)意味で使うことはあります。代表的な例文として、「山中、お前今日とぅるっとぅーだよな」などがあります。
最近では、

「今日はがんばろうな!」
「とぅるっとぅー!」

などのように、簡単な返事や掛け声としても使われることがあるようですが、あくまで口語的な用法です。

未だに多くの国語辞典では掲載されていない「とぅるっとぅー」ですが、逆にその意味の不確定さから、非常に幅広く使える現代言葉として女子高生・女子中学生・女子小学生の間で大流行の兆しを見せるとのことです。

例文中にて、『ちゃうかちゃわんのモリゾーとキッコロのもじゃっとしてるほう』の異名を持つ男、山中くんの名前を使ったのに深い意味はありません。

んで、今日の稽古はと言いますと、リラックスしながらダンスしたり、ジコ坊さまが何度となくセリフ練を課されたり、座長がいたいけな子供らに「変態松潤」という名誉だか不名誉だかな称号をもらったりと、ユカイなトラブルを巻き起こしていました。俺はといいますと、密かに腰痛を起こしたり密かに子供にモテモテな座長をうらやんだり、密かに稽古着を稽古場に忘れたりしてました。座長ごめん。明日の稽古のとき持ってきて。

あ、女子高校生バレーの実況してる。見なきゃ。おやすみなさーい。

by unkonamazu | 2010-02-22 00:42 | 稽古 | Comments(0)
2010年 02月 20日

今日は、何の日~??


ズバリ!第二回通しの日でしょう!!

はい。
とゆーわけでこんばんわ。

昨日今日とちゃかさん仕込みで役に立ったのか立ってないのか、あっきーです。

稽古日誌ですか…
稽古日誌ですよ!!

なぁ、ネドベド!!

c0227806_0303463.jpg


まぁな。

ネドベドは最早一種の俺のアイデンティティーと考えても過言ではないはず過言です。

さて、今日は

あらぶる猪たち~サン、タタリ神化!?

のシーンをやりました。
場転が多いので苦労します。

人間だと思って出てきたら、猪だったりします。

でもでも!
通して稽古やっていくうちに段々流れが頭の中にインプットされてく気がしまっせ!
そして、着実にいいものになっていっているはず!

衣装とか色々怖いけどー…。

ま!なるようになるし、すればいい!

そういえば今日は稽古場にBGMオペのたっくんがいましたね。
ふふふ、本番が近付いていっているんだなぁ…。

まだまだ精進あるのみですが!まずは明日の通し!
ミスをしない!

そのために今から段取り確認だー!
Good Night!!

by unkonamazu | 2010-02-20 01:06 | Comments(0)