2016年 07月 17日

#Qbic の魅力等々について書いてみました③

ヘイヘイホー!

c0227806_14403643.jpg

c0227806_14425133.jpg


というわけで、Qbic!!社会人劇団短編上演フェスティバル、開幕しております。ただいまは2ステ目、Bブロックの1回目の公演中にこの文章を書いております。うんなまも無事、初回を終えることができました。

うんなまと同じBブロックには崖淵五次元さん、MEHEMさんなのです。が、いずれにしてもなんだか骨子のしっかりとした作品をこれまたしっかりと作る劇団なのかなと思っております。ここらでちと、その2団体さんにもついておば…。

〇崖淵五次元
Qbic!!は、社会人劇団短編上演フェスティバルとは言いつつもいわゆる「25歳前後」の年齢層が中心なのですが、そういう意味ではうんなまもわりと年齢が高めな層なのですが、ギリゴジさんも団体の歴としてはうんなまより上、だったかと思います。私自身、昨年、一昨年ぐらいにギリゴジさんの作品を拝見したのですが、すごく「まっすぐな」コメディだったり、不条理劇めいた作品を扱うにしても「しっかりと」真正面から向かい合って作品をつくられていた印象です。なんでしょう、うんなまは作・演の私もそうだし、きっとメンバーも、出演してくれる人も、だいぶ「ひねくれて」物事をとらえる面が大きい(傾向なはず)なので、正直そういうまっすぐにコメディやエンタメを作れるのは、羨ましいなあと思ったりすることも結構あるのです。今回も、まっすぐなコメディをまっすぐに、明快に丁寧に、作られています。順番はうんなまの次、なのですが、この順番でよかったなあと、思ったりもしております。継続は力なりなのだな、とも。

〇MEHEM
MEHEMさんは今回初のオリジナル作品とのこと。ですが、何というかそのわりには「あるある~」な作品になることなく、恐れることなく、ダークな作品を突っ走っているなあというのが、今作の印象です。ふと過去公演を思い返すに、昔、うんなまメンバーのトーマス氏が出演していた「ふくすけ」や、「想稿、銀河鉄道の夜」などの既成作品にしても、ある一定の道筋を突っ走るというか、テーマを決めてそこに着実に向かって作ってらっしゃるなあというイメージでした。まじめだなあ、と思っていましたが、今回も、そう思っています。今回のQbic!!の〆として、もちろん主催の団体がトリをつとめるというのは綺麗な構図ではあるのですが、なんというかある意味最も「まじめな」団体がトリを務める形になったのかなと、思ったりもしています。大学を卒業してもなお役者を続ける人は、やっぱり演劇が好き、舞台上で演じることが純粋に好きなのだな、とも。

というようにボンヤリと好き勝手なことを書いていたら、もう3ステージ目、Aブロックの2回目の公演の客入れになってしまいました。本日Bブロックも2回目の公演を控えているのですが、明日は各ブロック、アフタートークなるものも設定されております。

なにとぞどうぞ、宜しくお願い申したも~、なのです。

*****

2016年7月17日~18日
Qbic!!社会人劇団短編上演フェスティバル参加作品『karaoke』
出演:司城大輔、雀野ちゅん、繁澤邦明(以上、劇団うんこなまず)、森岡拓磨、奈津川栞奈(以上、劇団冷凍うさぎ)、下野佑樹、水野聡美、まつなが
@in→dependent theatre 1st
概要http://actfesqbic.web.fc2.com/
予約https://www.quartet-online.net/ticket/qbic

by unkonamazu | 2016-07-17 16:50 | Comments(0)


<< 【お知らせ】うんなま、ホームペ...      心臓と膀胱を繋がれて、文字通り... >>