うんこなまずの巣

unkonamazu.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 12日

極東に行ってきたよ パート2

こんばんは。司城です。
(演劇部って、なんで朝夕問わず「おはようございます」って言うんですかね。ルーツはどうでもいいけど。)

前に似たようなタイトルのブログで、ロシア極東地域ウラジオストクに行ったときのことを話しましたね。
今度は、その後シベリア鉄道に乗って着いた先、『ハバロフスク』のことを書きたいと思います。

c0227806_20291333.jpg

▲街の中心部のレーニン広場

ハバロフスクは、ウラジオストクより少し北西に行ったところで、内陸の街です。
極東地域ではウラジオストクと並んで開発が進んでいますが、やはりそこは極東地域。田舎です。
買い物をするなら、小さめのショッピングセンター(イオンモールの感じじゃない)が1つあるくらいで、あとはキオスクばかりです。

キオスクの説明を忘れていました。
極東ロシアにはコンビニがありません。
治安の問題なのか、24時間営業のお店が基本的にありません。大体は20~22時には閉まります。
その代わりになるのが『キオスク』です。日本の電車の駅のホームにあるアレがそこらじゅうにあります。
売っているのは、飲み物やお菓子。あと、雑誌やおもちゃを売っているキオスクもあります。
ただ、日本のキオスクと大きく違うのは、異常な堅牢性です。四面がガラス張りの陳列棚になっていて、商品とお金のやり取りのために、小さな穴が空いています。イメージとしては、四面がカタログのサイコロの中に人がいてこちらを見ている感じです。怖いですね。

c0227806_2029454.jpg

▲レーニン広場の噴水。もちろん、キオスクもある。

c0227806_20384310.jpg

▲ハトポッポ。人の肩に乗ってくる。伝染病が怖いので近寄らなかった。

c0227806_20392236.jpg

▲なんか公的な建物とポリス



ハバロフスクは南に行くと、川にぶち当たります。たまに聞くアムール川というやつです。
中国の工業地帯に近く、ロシア側にもそういう施設があるので、めちゃんこ汚いです。
でも、どことなく優雅。きっと名前のせい。

c0227806_2040955.jpg

▲アムール川。ほぼビーチ。

c0227806_20401119.jpg

▲日光浴をする人も(汚いので泳ぎはしない)


アムール川のほとりには、協会のある公園があります。ロシアってキリスト教でしたっけ。あんまりイメージない。
ハバロフの銅像とかがあります。(ハバロフスクを切り開いた探検家らしい)

c0227806_20402873.jpg

▲オシャレな階段を登る

c0227806_2041125.jpg

▲撮られたら撮りかえす


c0227806_20415568.jpg

▲多分これがハバロフ

c0227806_20422686.jpg

▲協会。派手め。




ハバロフスクではウクライナ料理を食べました。ちょっと時勢が気になる。
油っこくて胡椒系。ロシア料理より日本人好みな味だと思います。
写ってないけど、店員さんは民俗衣装でかわいかったです。

c0227806_20432495.jpg

▲ウクライナ風カツレツ。切るとバターが染み出る。

c0227806_20443071.jpg

▲おなじみのサラダと黒パン。酸っぱいパン。癖になる素朴な酸っぱさ。



ハバロフスクでは、人の優しさに触れました。
横断歩道のルールがわからず四苦八苦していたところ、白髪の男性が助けてくれました。
ちょっと話すと(ボディーランゲージ)、どうやらカフェの店主だとかで、Wi-Fiが使えると聞いてホイホイ着いていきました。
着いたらなんとネットカフェ。東京のネットカフェを真似したんだとか。極東はWi-Fiが異常に普及しているので、ネカフェはかなり珍しいです。
涼んでスマホを充電して、お世話になったお礼に、成田空港で買った饅頭をプレゼントしました。
シベリア鉄道で同室になった人にあげる予定だったのですが、思いの外、みんな移動中は寝るタイプだったので、渡せず余ってしまっていたのです。

「アリガトウ」

「パジャールスタ(どういたしまして)。スパシーバ(ありがとうございました)。ダスヴィダーニャ(さようなら)」

日本語でお礼をもらい、覚えたてのロシア語で別れました。
ややもすればなケースでしたが、どの国の人にも優しい人はいるなと実感しました。
旅行者は言葉もわからず大変なんですね。親切な現地人になりたいですね。





ここまで書きましたが、ウラジオストク、ハバロフスク共に、ロシアをかじりたい程度の人にはおすすめです。北海道より近いロシア。英語は通じませんが、買い物、食事くらいはなんとかなります。
カフェやおみやげが多いのはウラジオストク、日常生活に触れれるのがハバロフスクって感じです。





得るものがすごくあったかと言えば微妙ですが、言葉が通じない全くの外国人になった経験が、今後の人生で生きればいいですね。今回の公演とか。

全てに感謝。

アリガトウゴザイマス。

アリガトウゴザイマス。

スパシーバ。





c0227806_20451029.jpg

▲映画館。興味はあったが、吹き替えも字幕もわからないと寝そうだったのでやめました。


c0227806_204558100.jpg

▲日本のトラックとか輸入されてます。壊れないから人気らしい。

c0227806_20452849.jpg

▲広場を歩く花嫁花婿

c0227806_20464492.jpg

▲中央市場。生鮮食品や中国製の安価な衣服がメイン。工具やガーデニング用品までなんでも売ってる。






それでは!

公演は今週末!

ダスヴィダーニャ!

by unkonamazu | 2014-08-12 20:47 | Comments(0)


<< 役者紹介、というより坂本えりこ...      役者紹介(私はこういう人間だ)... >>