うんこなまずの巣

unkonamazu.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 30日

極東に行ってきたよ。

ほろ酔い気分の帰り道、電車でブログをフリックフリック。
こんばんは、司城です。

先週ですね、今回の公演『としくんとリボルバー』の稽古とか荒通しとかがあったわけなんですが、僕はと言えば、ロシア極東地域に旅行に行ってました。
そのときのことをちょっとだけ書きたいと思います。

極東。
いわゆるシベリアですね。歴史の授業で習った「抑留」とか「出兵」とかのとこですね。
領有権のはっきりしない樺太だサハリンだと言われている地域ではなく、韓国のちょっと上あたりの「ウラジオストク」という港町と、そこから更に少し内陸に入った「ハバロフスク」という町に行ってきました。

c0227806_2218648.jpg


まず行ったのは「ウラジオストク」です。
ウラジオストクまでは、成田から飛行機で2時間。日本から一番近いヨーロッパと呼ばれています。
今回は伊丹空港からの乗り継ぎだったのですが、東京に住まれている方は、韓国に行くのとほぼ変わらないくらいの時間で行けます。
料金は片道30000円程度。航空会社はシベリア航空です。

c0227806_22221341.jpg

▲機内食です。酸っぱい麦で作ったパン、通称「黒パン」とかが入ってます。



空港に着いたら、町まで直通の専用ライナーがあります。
ちょっと前に開催されたAPECのために整備したらしく、かなり綺麗で、wifiも使えます。料金は200ルーブル(600円程度)です。
窓口でもらった時刻表を切符と間違えて去ろうとして、女性の駅員さんに「何してるんですか!馬鹿なイポーニェツ(日本人)!」って感じで笑われました。正直、惚れそうになるくらいかわいい笑顔でした。馬鹿にされても、かわいいから心が服従します。我是即植民地です。

c0227806_22284327.jpg

▲専用ライナー用の駅。着いたときに撮りました。



ウラジオストクに着いたのは夜だったので、その日はホテルで即就寝。
比較的治安のいい極東も、夜は観光客を狙った強盗などがいるそうで、夜歩きは控えました。

c0227806_224513100.jpg

▲ウラジオストクで泊まったホテル。港街を推したデザイン。前評判通り中国人観光客が多く、ベッドがギシギシ。ただ、フロントは親切で、かつ英語が通じる。



翌日はウラジオストクをブラブラしました。
あてもなく、カフェなどをハシゴ。
Wi-Fiが異常に普及してて、飲食店に入れば、携帯の電波要らずです。

c0227806_22472652.jpg

▲建物はヨーロッパ風ですが、どことなく色褪せておりアジア感。その辺の車はほぼ輸入された中古の日本車です。体格に合うのか、ランドクルーザーが人気。画像の標識は、横断歩道の意。

途中、日本人2人組と会って、昼食ついでに、翻訳アプリを教えてもらったりしました。
似たような年齢で、彼らもロシア語ができないらしかったのですが、翻訳アプリを駆使して、口内炎の薬を買うことに成功したようです。便利な時代だ。

c0227806_22514537.jpg

▲名前忘れたけど、ロシアのサラダ。ウドとマヨネーズをあえたような。

c0227806_22525691.jpg

▲ミネラルウォーター。「ネガジーロ」と言わなければ、基本、炭酸水を出される。



あてもなくブラブラ。
しかしなんとまあ、美人が多い。9割が美人。
日本のハーフタレントが埋もれます。○ッキーは低級妖怪。



c0227806_2313437.jpg

▲ヒッチハイク中に石にされた人

c0227806_232448.jpg

▲コーヒー。「コッフェ」と言えば出てくる。「アメリカーナ」と「エスプレッソ」が主流。

c0227806_234514.jpg

▲洒落た銀行。

c0227806_2345379.jpg

▲ウラジオストク民はチョコが好き。



そんなこんな、てんやわんや、なんやかんやウラジオストクを満喫した後、次なる目的地へと向かうため、シベリア鉄道の寝台列車へ。

(続く)

c0227806_2381432.jpg

▲シベリア鉄道の列車。プリントされているのは国鉄のロゴ。お洒落。

c0227806_23101971.jpg

▲軍艦と三国の国旗。仲良しですね。

c0227806_23104146.jpg

▲ロシアには、ペプシやコカ・コーラの他、ダイドーが進出しています。

by unkonamazu | 2014-07-30 22:06 | 日々 | Comments(0)


<< 最終兵器彼氏彼女      帰って食って寝て起きて今 >>