うんこなまずの巣

unkonamazu.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 26日

ダイヤモンドリリーに乗せて。

こんばんは、森田鮎です。

まず、先日行われました『tango@bye-bye』、多くのお客様に観て頂けて無事全4ステージ終了することができました。
ひとえにご来場頂いたお客様並びに、スタッフ、共演者の皆皆様方のおかげでございます。誠にありがとうございました。


そしてここから、個人的なお話です。

これまで、「もののけ姫」、「さだだだ。」、「明日放る」、「ラブなま」、そして「tango@bye-bye」と本公演6作品の内いぬのさんぽを除いた5作品に出続けたぼくでありますが、今回の公演をひとつ区切りとして、劇団うんこなまずの団員を退くことに決めました。
まぁ退くとは言っても、もともと入団とか退団とかきっかり線を引く団体でもないので、「うんこなまず団員からうんなまフレンズに。」くらいの感覚でいてもらえたら結構だと思いますが、今後よその所でうんこなまずを名乗ることもなくなるだろうし、うんこなまずの公演に参加しなくなる時もあると思います。

つまりは、簡単に言ってしまうと、フリーの役者として活動をしていくことになるということです。
それは、ぼく自身が役者として次のステップに挑みたいと思ったからというのが理由です。
劇団ちゃうかちゃわんを経て、劇団うんこなまずの役者、大道具として関わりを持ち、今年度はピッコロ演劇学校に通って演劇の勉強もするようになりました。
なまじ色々な経験をしてきました。その上で今ぼくが思っていることは、「役者としてもっと大きくなりたい、成長したい。」ということです。
今まで、劇団うんこなまずという自団体がある事実は、意識的にも無意識的にも、自分がどういう状態になったとしても演劇に携われる場所があるという安心になりました。
でも、もしかしたら、そこに甘えてしまっていて自ら行動を起こすことに積極性が芽生えなかった気がするのです。
来年度、ぼくにとっては年齢的にも環境的にも大切な1年になります。この1年を迎えるに当たってひとつ決断しようと思ったのです。背水の陣ではないですが、自分を追い込んでみようと思います。
知らない人にいっぱい出会いたいし、色んな関係を築きたいなと思ってます。

また、一度決断したからには、「森田鮎が出るから観に行ってみようかな。」「森田鮎と一緒に共演してみたいな。」と、多くの人に思ってもらえるような役者に成長出来たらと思っています。

宮本バイクが東京に行く機に加えての報告で、これから劇団うんこなまずも諸々変わっていくことがあるかもしれません。それでも、繁澤さん初めうんこなまずメンバーはこれからも色々なことをしていくつもりだと思います。

身勝手なお願いではありますが、これからも、劇団うんこなまずとわたし森田鮎のことを色々と構ってもらえたらなと思います。
これからも宜しくお願い致します!!

by unkonamazu | 2014-03-26 00:34 | 日々 | Comments(0)


<< この変態を恋愛と言っていいんだ...      バイキング >>